上杉機関 2番館

  • 福島で被曝した方の健康管理と食事療法 - 福島では避難者も含めて多くの疎開をしてる。その中でも被曝した方にとっては検査もままならず、 自民党が買収した医師会によって、偽の検査データーが開示されていると聞く。 要は、被曝してませんよ、という工作をしているというのだ。 しかし、避難しても初期被曝した健康は自分で管理する他なく、検査だけでは 被曝からの癌に対...
    3 年前

上杉機関 特別部

  • 日本でも明治維新から偽ユダヤ神話が拡散し、現在では日本でも伊勢神宮関係者や 小泉八雲の連中まで捏造するようになった。 伊勢神宮=ユダヤ教と説明したこの連中が 最初であり、八雲が紹介したのが最初だとされているのだが、そもそもユダヤ教そのものが カルト教団で贋作された偽宗教であり、ユダヤ人の教祖である史観もユダヤ人本...

地震は予知できる。東電は無能

Loading...

土曜日, 3月 30, 2013

地震学者の警告と小柴教授の警告掲載

重水素実験:核融合研の計画に小柴さん「反対」の手紙

毎日新聞 2013年03月01日 01時39分

 核融合科学研究所(岐阜県土岐市)が計画している重水素実験に対し、02年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さん(86)が反対する見解を記した手 紙を、隣接する同県多治見市の古川雅典市長に送付していたことが28日、分かった。「多治見を放射能から守ろう!市民の会」の井上敏夫代表(63)の依頼 を受けて送ったという。

 ◇多治見市長に手紙

 手紙には「現在使われている核分裂の発電施設から発生する中性子の10倍も高いエネルギーの中性子が出ることを防ぐ方法が全くない」などと記され、小柴さんは毎日新聞の取材に「現状での実験は時期尚早」と話した。

 実験は、重水素を使って1億2000万度の超高温のガス(プラズマ)を作ることが目標。太陽で起きている核融合反応を、炉の中で実現する核融合発電に向 けた基礎研究として行う。土岐、多治見、瑞浪の地元3市は今年度中に実験開始に同意する方向だが、反対住民は約2万人の署名を古川市長に提出する準備を進 めている。

 手紙について古川市長は「ご意見として、うけたまわりました」とコメントした。【小林哲夫】 
 
 中性子爆発の参考写真↑ もし核融合失敗したら、電子機器や冷却装置も、
全部一瞬で破壊されてしまい、なにもかも崩壊します。東電原発どころではありません。
このタイプの重水素型核融合が一度暴走すると、電子機器の冷却装置や停止機材は全部中性子で停止する。しかも電子機器だとしたら、再起動、修理もままならないのである。
修理しようにも、一度中性子が放射されると、コンクリートや冷却配電機材にも
残留して、強烈な放射化を始める。
※4月3日に再度追記
中性子大爆発を防ぐ科学的措置は、現在重水素型原子炉では基本的に無い。
よってコンクリートそのものが、放射能化するということである。

 

原発なしで暮らしたい むしむし通信Fukushimaさんから勝手に掲載いたします。

 

※以下引用です

槌田氏は「半減期何千年という放射性物質もいっぱい発生する。

そういうことを市民の前で言わず、話を小さく見せようとしている」と批判。
「核融合実験は(中略)一段進めないと予算がとれないため、

焦っているのが今回の騒動だ」と鋭く指摘すると、小森所長らは黙り込んだ。


☆岐阜県で核融合実験>放射性物質トリチウムが、1回で4億2920万ベクレルも発生。わが家から4キロの施設で



「トリチウム:健康との因果関係 ガン、遺伝子・生殖への影響、発達異常、腫瘍 低線量でも影響大」



9分30秒の辺りから2分間、小出先生が核融合の危険性と将来性について明言しています。

2011年12/1(木) 大阪毎日放送ラジオ 小出裕章氏 音声12分



「嘘ばかりついてきた核融合研究者」



「岐阜県土岐市の「核融合」実験施設についてと、「核融合」とは何かについて」



「核融合炉 その危険性について」

※これは関西と北海道の開発した常温固体核融合とは違い、別の危険な
核融合ということですよと、指摘の追加をしておくとする。上記の核融合は太陽爆発
のようなもので非常に危険です。

東京を震度5が襲うのか ?

地震雲第一人者が警告!!

26日午後8時48分ごろ、茨城県沖で震源の深さが約10キロ、M4.8の地震が発生した。土浦市や千葉県銚子市で震度3の揺れを観測。55分ごろにも、同沖でM4.6の地震が起き、水戸市などは震度3と発表された。
 相変わらず、房総沖あたりは不安定だ。最近は東京23区や箱根山周辺の地震活動が活発化し、東京直下の前兆かと注目を浴びているだけに不気味な動きである。
 異変は“陸”だけではない。空も警告を発している。地震雲の第一人者で北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之所長がこう言う。

2000年前には宮城に100メートル級の津波!?
震災を警告した歴史学者が予見する「次の巨大津波」

previous page
1
2
3
4
5
nextpage
 「アウターライズ地震」とは、東北の太平洋側約200キロにも及ぶ日本海溝の外側で発生する地震のこと(東日本大震災は海溝の内側)。震源地が陸地からは離れているため、陸地での揺れは小さいものの、津波は大規模なものになりやすいという。
 「福島・岩沼(宮城県南部)沖のアウターライズは、2000年近く動いていない空白域の地震帯です。東日本大震災より大きなマグニチュード9以上の揺れと巨大津波が予想され、福島県から仙台平野にかけて、大きな被害を受けるでしょう。前回起きたのは、西暦95年の『東北太平洋沿岸津波』のときで、仙台平野は大崎の辺りまで、壮大な運河のようになったとの記述があります。倭の国は(仙台平野の内陸が津波で海となったため)、旧阿武隈川河口から船で内陸へ進出する絶好の機会となりました。いまの大崎市と石巻市の間に大きな運河があって、倭の国の船が行ったり来たりしていたとの記述もあります」(飯沼氏)
 アウターライズ地震については、福島・岩沼沖では地震が起きておらず、歴史的に空白域になっていること以外、いつ来るのかといった周期性などは何もわかっていない。今後、有人潜水調査船「しんかい」の調査などによる回避が難しければ、西暦95年の東北太平洋沿岸津波から「教訓を学ぶしか予防方法がない」と飯沼氏はいう。
2015年⇔「前後」に発生する可能性も高い!! 
(※4月3日追記、米国の団体が不思議な警告番組を
作っている。何がなんでも事故災害を呼び込もうとしているのだろう。)

(※4月3日追記。前回掲載したハープメーターは別の日のであったので

削除をした。一日後のものであった。)

既に箱根山付近では地震が頻発している。
そして今日のハープメーターは3.11レベルです。 
水源地は枯渇したような状態だ。
 温泉地学研究所さんから掲載いたします。 http://www.onken.odawara.kanagawa.jp/modules/mysection1/item.php?itemid=38  


1.地震活動
 箱根火山では、本年1月初旬より散発的に地震活動が発生し、やや活発な状態と静かな状態を繰り返しながら、通常よりも高い状況が続いていました。2月18日以降から地震活動は落ち着いてきています。3月29日09時現在、震源を決めることができないほどごく微小な地震が1日に数回程度発生しています。また、震源決定数は1日に1個程度と、地震活動は落ち着いた状態に戻りつつあります。
 震源域は駒ケ岳から仙石原付近で、深さは駒ケ岳で1km以浅、仙石原で5km以浅です。1月17日以降、3月29日09時現在、計1800回程度の地震について震源が決定されています。これらの多くは規模がきわめて小さく、体に感じることはありません。最近3日間の震源分布図と地震数の時間変化、および2013年1月1日からの地震数と震源の深さの時間変化の様子を図1に示します。
 2月10日には、13時以降、大涌谷でやや規模の大きな地震が連続して発生しました。また、2月16日の21時以降にも、湖尻付近でやや規模の大きな地震が連続して発生しました。地震の規模はいずれも小さいため、気象庁が箱根湯本に設置している震度計で震度1以上を観測した地震はありませんが、当所が大涌谷に独自に設置している地震計では、以下の9回の地震の際に、震度1から3相当となる揺れが観測されています。
 なお、これ以降、大涌谷の地震計で震度1以上相当となる地震は観測されていません。
     日     時  分  マグニチュード
  (1) 1月28日 06時12分  1.4(暫定)
  (2) 2月 2日 15時03分  1.3(暫定)
  (3) 2月10日 13時15分  2.3(暫定)
  (4)   〃   13時21分  2.0(暫定)
  (5)   〃   13時34分  1.5(暫定)
  (6)   〃   15時47分  1.4(暫定)
  (7) 2月16日 21時12分  1.4(暫定)
  (8)   〃   21時23分  1.7(暫定)
  (9)   〃   21時48分  1.6(暫定)
2.地殻変動
 箱根火山に設置された傾斜計観測点(小塚山・湖尻・駒ケ岳・塔の峰)で、わずかに変動がみられていますが、鈍化してきています(図2)。
震源分布図


http://www.onken.odawara.kanagawa.jp/modules/mysection1/item.php?itemid=38

箱根周辺の震源を確認すると、まだ大地震が発生していない。ということは?
もうじき発生するか?都心地震。原発も危ない!!


【今日は何の日】4月3日


    いんげん豆の日、日本橋開通記念日、ペルー日本友好の日、神武天皇祭

    ▲聖徳太子、「憲法十七条」を制定(604)
    ▲鎌倉に大地震。鶴岡礼拝殿が高潮で流失(1241)
    ▲独眼竜政宗の十男宗勝、流罪に(1671)
    ▲箱館・択捉島に外国船出没との知らせが、松前・津軽・南部の各藩に
     届く(1847)
    ▲福沢諭吉が慶應義塾を開校(1868)
    ▲雑誌「日本人」創刊(1888)
    ▲植樹祭開始(1895)
    ▲大隈重信と岩崎小弥太が援助して創立された東京フィルハーモニー、
     第1回公演(1910)
    ▲新しい日本橋、開通式(1911)
    ▲スターリン、共産党書記長となる(1921)
    ▲切符の自動販売機が国鉄に登場(1930)
    ▲プロ野球に初のウグイス嬢登場(1947)
    ▲仮面ライダー、放送開始(1971)

    誕生:アービィング(作家1783) 村山龍平(朝日新聞創業1850) 
       長塚節(歌人1879) 金田一晴彦(国語学者1913) ドリス・デイ(女優1924)
       マーロン・ブランド(俳優1924) 前田武彦(タレント1929) 
       有馬稲子(女優1932) 芳村真理(1935) 大谷直子(女優1950) 
       中島らも(作家1952) 霧島(1959) エディ・マーフィー(俳優1961) 
       千住真理子(バイオリニスト1962) 田辺誠一(俳優1969)
       
 さぁ、逃げる準備をしておこう。臨時の変性プログラムは不思議と出てこない。本番が近いということか?それともまだか?
当たらないほうがいいのは当然。当たる前に逃げる準備が
最もである。 
ただし、富士さんの科学微動地震の影響だとしたら、
噴火が始まる合図である。地震と火山噴火は連動している
ので、間違っても読売放送のやしきの委員会で紹介される
ゴシップ学者のロバートゲラーの地震学は信用しないよう
に願いたい。この番組の科学理論は尽く信用できない
御用物が採用されているためである。原発は絶対に
爆発しないと宣伝をした連中がやしきとこいつらである。
バカ保守という代名詞は奴らの勲章であるのだ。 
地球物理学といえども、実績がなければただの人である。
学部に所属しただけで、実地調査も満足にしていない
バカを信用したために3.11大災害となった。

読売放送は、米国の株価取引に関与する情報に対しては
徹底して捏造カウンター情報を垂れ流しにするので
信用してはならない。全てのアメリカに貢ぐために作られた
エセ日本人を結集したエセやらせ放送局なのである。

(※4月3日に文章を訂正。写真と内容なども含めて誤字脱字、資料内容の貼り付けのミスだらけであった。)
誠に失礼いたしました。
 

水曜日, 3月 27, 2013

ユダヤ米国シンクタンクに日本は乗っ取られた

TPPで日本植民地化戦略を打ち出した
CSIS戦略研究所とは何か?

戦略してるつもりの政府だが、戦略されているのは、
莫迦の集りの議員である日本政府だ。よく覚えておけ、
この間抜けども!!

マイケルグリーン氏 311後の

日本乗っ取り計画 経団連 #TPP ビルゲイツ財団

 
 

民間シンクタンク 『米戦略国際問題研究所(CSIS)』が対日謀略の指令塔 ...

blog.goo.ne.jp/.../e/36ff9392cc63d3631b4ee93750c21d8d - キャッシュ
2011/01/12 – ついに米国支配層が送り込んだ対日謀略部隊の全容が勇気ある飯山一郎氏によって暴露されました。 CIAではなく全く別組織の民間シンクタンク 『米戦略国際問題研究所(CSIS)』が対日謀略の指令塔だったのです。




TPPで巨大な賄賂ネットワークを構築させているのが、
ユダヤ人情報機関のCSISである。
この組織は日本や各国の
経済や戦争での乗っ取りを計画している戦略対日計画部隊であり、
多数のテロを現在までに成功させてきた組織である。
機関員の多くはユダヤ教徒とユダヤ崇拝議員組織で結成され、
対日戦略報告というのを毎日提出している。

この組織をありがたがってるのは日本だけであり、世界では軍事戦略
攻撃組織として知られているシンクタンクである。

CSISの目的は同盟関係維持や友好や活動ではない。
米国やイスラエルに拮抗する集団、国家、民族に対する
破壊活動や戦争の誘導、国家資産の乗っ取りなどを
戦略する、戦略攻撃部隊として米国は設立したと報告をしている。


本来戦略という言葉は普通の人間は利用しないだろう。
戦略というのは、戦う、相手を負かす、という意味であり、
支配関係を構築する時に利用する言葉の意味である。
日本に対しても、戦略報告が出されており、MITで
開発した対日戦略日中戦争ゲームにおける太平洋パシフイック戦略と
報告書を出している。TPP推進者はいずれも松下政治塾生や
経団連、自民党のスパイ議員などであり、ユダヤ人を崇拝している
議員として当確した連中であった。

日本に原爆投下したことを翼賛するこの組織に、
イスラエル議連からも大国会に配属されている。


日本国民を核爆弾で殺害することを翼賛する組織の
どこが友達なのか、そんなこともわからなくなっている
エセ日米同盟という罠に国会そのものが支配されて、
謀略の罠にはまっている。




神州の泉さんのブログから勝手に掲載させて頂いた。
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2012/04/csis-ec28.html

米国「戦略国際問題研究所(CSIS)」の奴隷に成り下がった日本経済新聞社

 人気ブログランキングへ ← クリックよろしくお願いします!!
 「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」という、実に小難しげで怪しげな名前のシンクタンクがある。そのHPを見ると、日本の日本経済新聞社とアメリカ合衆国の戦略国際問題研究所(CSIS)の協力により創設されつつあるバーチャル・シンクタンクのことである。バーチャル・シンクタンク(VT)とは、インターネット上の電子会議システムを通じて参加者が議論を重ね、リポートや提言をまとめる「仮想研究所」であり、米国が先駆けて進めているものである。「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」は企業や官庁、大学などで活躍する若手・中堅世代の有為の人材に日本の国家戦略を自由に議論してもらうための「場」を提供する試みであり、機密保護に優れた電子会議システムを日本経済新聞社が提供し、フェロー同士が安心して密度の濃い議論をできるようにするとある。
 HPを見た限りでは、CSISの主導で、三つの部会に分かれたフェローやアドバイザーと称する日米双方各界の人材が、国家戦略について自由に意見を開陳し議論し合うという場を日経新聞社が提供するというものらしい。少し考えれば、このVTなるシンクタンクの設立主旨が思いっきり胡散臭いことに気付く。各界の有識者が電子会議に集まって、国家戦略を披露したり、意見を交わすというが、なぜそれが米国要人に対してオープンなのか。しかも米国のCSIS(戦略国際問題研究所)という、世界の富を薄汚い手法で強奪する計画を練っている超危険な組織の主導で行われるのである。国家戦略というものは、経済にしても政治にしても、基本的には秘密裏に進められる性質のものである。
 ところが、米国の戦争経済とショックドクトリン計画、詐術を用いて狙った国々から効率のよい国富収奪を立案するCSISに対して、日本の国家戦略を語り合うということは、神州の泉にとっては、国家主権の放棄としか映らない。このパソコンVT(バーチャル・シンクタンク)は、日本側の国家戦略や経済戦略が、そのまま米国に筒抜けになるばかりでなく、CSISが主導ないし干渉して日本の国政をコントロールするという構図のようにしか見えない。つまり、明らかにTPPを展望して設立した“内政干渉”の場である。このVTの米国アドバイザーには、マイケル・グリーン、ジョセフ・ナイ、J・トーマス・シーファー、リチャード・アーミテージなど、恐ろしいジャパンハンドラーの面々がいるようである。まったく何をかいわんやである。
 日経新聞社が研究・議論の場を提供したと言うが、これははっきり言って、宗主国が植民地の有能な現地人を招集して、植民地政策を押し付ける構図そのものである。フェローとは研究職に従事する者に与えられる称号であるが、フェロー、フェローシップという、無害で学術的な色彩をまといながら、やることは米国による属国統治の図式そのものである。これはアメリカ奴隷制度の変形バージョンに他ならない。日本経済新聞社はそこまで堕ちてしまったのかと言わざるを得ない。米国は自分たちに都合の良い日米二国間体制を築くために、友人面したコミュニティを造って、日本の国政を支配するために、このVTを立ち上げたとしか考えられない。
 要するに「年次改革要望書」の、より日本内部に肉薄した手口なのである。これならば文書形式のやり取りではなく、直接日本の頭脳に当たる連中に「命令」できるのである。完全に日本を舐めきっているのだ。米国は表面的に日本を脅すことは滅多にしないが、その代わり、フェローシップで近づいて陰険な形で言うことをきかせるという手口を取る。その場合、日本側の売国奴(買弁者たち)を最大限に利用するのである。311大震災の直後にクリントン国務長官が来日し、CSISが企画した米軍のトモダチ作戦が展開されたが、その裏でどれほど膨大なお金がアメリカに流れたか分からない。日本人が最悪のダメージを受けているときに金をせびる連中なのである。
Images 4月7日の朝日ニュースによれば、レーガン政権でならしたヤイター元通商代表は、TPPに関し、「もし、日本がTPPに参加すれば、日本の農業の保護主義が緩和されて貿易の機会が開ける」などと言ったが、その席上、背景にあるボードには「CSIS」の文字が派手に散りばめられている。従って、日本経済新聞社が米国の甘言に乗って設立した「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」なるものが、国賊的なシンクタンクであることは一目瞭然なのである。日本経済新聞は国賊的色彩が濃い新聞であったが、ここまでとは思ってもみなかった。この新聞は「アメリカ経済新聞」と名前を変えるべきである。それにしても、このクレイトン・ヤイタ―元通商代表、酷薄そうで凶相の面構えに見えるが、たまたまこの席上だけなのか。

狙われているのは、日本国民だ!!









このCSISは、日本に対する米国軍の原子力核爆弾を、どのように参照し、推奨しているかの本部の記事である。↓
(記者も文章の執筆者も当然、ユダヤ人である。※CSISは全てユダヤ人組織によって運営)



抑止ワークス

2011年9月8日
ヨナフリードマン ←ユダヤ人
数週間前、ガレス·クックが書いた記事ボストングローブ長谷川剛、カリフォルニア大学サンタバーバラ校歴史学者の学術的歴史的な仕事についてを。長谷川は、しばしば考えられているように、核兵器の使用によって、第二次世界大戦が終了していなかったと主張している広島と長崎が、ソ連のエントリによる戦争の太平洋の劇場に。これは、日本のリーダーシップがあっても自分たちの都市の破壊によって戦いを止めざるを得なかったことを示唆している。この観察は、順番に、それが敵の民間人に致命的な損傷(何らかの形で)の脅威は戦争を防ぐことを前提にあるよう基づく核抑止力の有効性を、疑問視する、クック、他をリードしてきました。それは日本がして交渉のテーブルに持っていなかったというのは本当かもしれないが爆撃その都市の、この例では、それが示唆するかもしれないという核抑止力のために悲惨な影響を持っていません。核兵器は(少なくともいくつかの点で)は、従来の武器ができない状態には注意を誘導するために、過去の武器からの重要な十分な出発を表します。また、日本の経験は、第二次世界大戦の歴史的文脈に根ざしており、それがそう思われているより、現在および将来の抑止力のために少ないため建設的です。
クックの記事は、長谷川の仕事ははるかに1945年の夏の勝利のためのいくつかの非現実的で狂信的な希望にしがみついてから日本の指導者は、合理的な計算を行う、実際にあったことを示す方法を説明します。彼らはまだ、米国の侵略は非常に高価な作ることができることを認識し、日本政府は、東京とワシントンの間を仲介するためにソ連に(この時点では太平洋戦域に関与していない)説得することを望んだ。しかし、1945年8月8日に満州のソ連侵攻で、その見通しが失われました。長谷川と指摘している原子 爆撃広島前日には懸念を引き起こして、 "切迫感"ではなく、国が降伏することを強要するだけでは十分ではありませんでした。
そこには、この引数のために言うことがすることが確かに多くのですが、それは重大な欠点がある。ケビン·ドラムで述べたように最近の記事、という事実は、原子爆弾とソ連の攻撃が立て続けに起こったのは、それはほとんど不可能に降伏するという日本の意思決定の真の原因であったかを判断することができます。一つは、 "おそらく彼らは両方の役割を果たしている"とはいえ、ということを受け入れるドラムの評価に同意することを強制された原子爆弾は、これが核の葉どこにいくつかの疑問を引き起こした日本の中で唯一の要因(または可能性も主な要因)ではありませんでした抑止論。
ウォード·ウィルソンは、2008年の記事核不拡散レビュー、街を破壊する攻撃のできないことは、市民に対する効果のない攻撃の他の例は、核抑止力に根本的な欠陥を指すと共に、日本の降伏をもたらすと主張している。彼の視点から見ると、核抑止力の根底にある根本的な脅威は、都市や民間人(これは最終的に真である理由を、彼はいくつかのもっともらしい理由を与える)、多数の死亡者の破壊である。彼は第二次世界大戦中、ドイツは空中にいくつ57万死を被ったと指摘している爆撃と東京で単独の襲撃は約12万人が死亡し、都市の14平方マイルを破壊した。彼はドイツでも日本でもないが、これらの損失の結果として降伏していること、しかし、指摘し、と結論づけている"それが証拠に、その都市の、と主張するのは困難である爆撃は日本のリーダーシップに大事だった。 "彼はまた、(正しく)主張し原子爆弾の広島と長崎"とは、単にすでに街の猛烈なキャンペーンだったか延長爆撃と、これらの従来の攻撃の破壊のパラメータ内で一般的になりました。 "
このすべてが真である間、ウィルソンは歴史的な文脈がいかに重要であるかについての選択であると思われる。彼は正確に都市や市民への前例のない従来型攻撃のコンテキスト内で核兵器へのエスカレーションを置き、それが抑止力のために何を意味するかを検討する際に、このコンテキストを無視します。当時の日本の指導者に、1爆弾による都市の破壊は、何千もの都市の破壊とそれほど異なるものではなかった。日本の都市の数十人が効果的に破壊された戦争では、複数の平準化は、日本政府が降伏をもたらすことができませんでした。これが今日、我々が自分自身を見つけている文脈ではありません。都市の大規模爆撃、従来の見通しはリモート一つです。ケビン·ドラムが指摘するように:
"アメリカは1945年に従来の兵器で都市を平準化することが可能な空気の力を持っていた。我々はまだやるけど、辛うじてしかし、世界の他の国は近く来ることはありません。原子爆弾と送達ビヒクル、北朝鮮はソウルを破壊すると脅迫することができます。それがなければ、彼らがすることはできません。より大きな原子米国、インド、パキスタン、ロシアのような状態は、単なる都市レベル2以上行う能力を有している。彼らは、国全体を平準化することができます...それはもう1945年ではありません。 "
また、核戦争(特にその現代的な形で、時間の下で、地球上の任意の場所を打つことのできるミサイルを)過去の従来の戦争とは異なる品質である - たとえ第二次世界大戦のような破壊的として1。片側は、それが手頃な価格で価値ある勝利を達成することができます予測し、反対側は、それ自体を擁護する(あるいは、少なくとも、降伏は戦闘よりも大きなコストをもたらす)の合理的なチャンスがあると計算しているため、従来の戦争が発生します。もちろん、状態は、それが敗北に終わるだろう冒頭で知っていた戦争が、戦争や国家間関係は、従来の戦争は、単に戦車、飛行機などの数字を足した問題ではないことを意味伴う無数の不確実性を戦うんだろう
19世紀の軍事理論家カール·フォン·クラウゼヴィッツは従来の戦争の過程で、このengenders不確かさを変更することがあります小さな要因の無限数について書いている。除去されない場合には、この不確実性は大きく、核兵器とその現代的な配送車により、低減されます。軍隊が停止することができ、航空機が撃墜することができる場合には、核弾頭弾道ミサイルによる大規模なストライキからの保護を提供することができますまだ何もありません。クラウゼヴィッツもさえ敗北で、従来の戦争にかけた状態は、その損失が限定されることを期待することができます、と指摘し、戦争の最終的な結果は常に最後でないと見なされている"と主張している。倒した状態では、しばしば単に救済はまだいくつかの後日政治状況で発見される可能性のある一時的な悪としての成果を考慮し、 "彼が書き込んだときにケネス·ウォルツは核兵器の影響をまとめている。核兵器の拡散:討論はリニューアルすること:
"通常兵器で武装した国があっても敗北で彼らの苦しみが制限されることを知って戦争に行く。核戦争についての計算が違って作られています...核武装国がお互いに戦争に行けば、彼らはそう彼らの苦しみは無限かもしれないことを知ってか...従来の世界では、人は勝ち負けについては不明である。原子力の世界では、人は生存していると全滅されることについては不明である。 "
ウィルソンは、これは理論的にはすべてが順調と良いであると主張するかもしれませんが、歴史的な記録は、核兵器が実際に戦争を抑止するという証拠を示していないことを確認してください。彼は、 "米国やソ連のどちらかが他方に対して侵略戦争を起動寸前にかつてあったことを少し証拠がある"と主張し、それがのない差し迫った危険がなかった場合、その抑止力が機能し表示することが不可能であること戦争。ウィルソンはどちらの状態が他を攻撃する計画を計画的したことは正しいかもしれないが、冷戦が最終的な核のエスカレーションの恐怖は彼らの計算に細心の注意を導入していなかった彼らは戦争に頼っている可能性のある危機の例でいっぱいです。それは、キューバ危機の間にケネディ大統領を駆動する真の恐怖だけではソビエトの戦車や航空機のことだったことは、例えば、議論するのは難しいです。むしろ、核戦争の思想は戦うために双方が消極た。ウィルソンは、明示的に核報復の恐怖に、冷戦時代に米露対立の不在を結ぶ少しハードな証拠があると正しいかもしれないが、それは予防措置の有効性を証明するために(不可能ではない)は常​​に困難です。しかし、重要な理論的基礎と強い相関歴史とともに、存在する証拠は、核抑止力の有効性を示唆している。
核兵器がそれらを持っている状態で、従来の攻撃を抑止することに成功していないこととはいえ、ウィルソン·ノート(正しく)。彼は1973年第四次中東戦争中にこのようなイスラエルのシリアとエジプトの侵略のような例だけでなく、1982年のフォークランド戦争を指しています。しかし、この引数と間違って2つあります。第一は、核兵器を持つ状態は、従来の攻撃に無敵であるという考えは誤解であるということです。むしろ、それらはから状態を保護する実存的な、彼らは、従来の脅威や核である。彼らは、国家が攻撃されないことを保証するものではありません。第二の問題は、彼の例が含まれます。がある証拠ヨムキプール戦争中に、シリアとエジプトが彼らの目的は非常に核兵器イスラエルの所有物のために制限されたことを彼らが持っている可能性がない程度に自宅それらの利点を押すと、しなかったことを示唆している。フォークランド戦争の例については、によると1元英国首相マーガレット·サッチャーは、ミッテラン仏大統領がアルゼンチンアーセナルのフランス製のエグゾセミサイルは"聴覚障害者やブラインドになるだろう秘密のコードを手渡ししない限り、アルゼンチンに対して核兵器を使用すると脅した。 "
しかし、ウィルソンと同じ説得の他人のために、戦争を防止または制限する核兵器の例では、抑止力の有効性を示すのに十分ではありません。彼が書いているように、 "冷戦の相互注意が核兵器があるという証拠である危険な、彼らは戦争や脅しのために有用な効果的な武器ではない、というの"とウィルソンは生物兵器の代わりに核のものを含む歴史的事実に反するを提供するために行くどちらも軍事的に有効であることを主張し、 "核兵器は特に効果的であることなく(と注意を誘導する)危険であることを仮説。冷戦期の両側に注意が核兵器の抑止値の証明になりません。 "しかし、違いは何ですか?ことは、核兵器の顕著な特徴ではない-彼らは抑止誘導することにより、非常に危険であり、その?
大国の戦争を防止するために核抑止力の歴史的な記録はかなり良いように見えます。彼らは(そのような攻撃のすべてのフォームからの保護など)を付与するために、またはコンテキストのうち歴史的な例を取ることを意味するものではない核兵器の利点に属性にこのレコードを評価するときにしないことが重要です。のコンテキスト爆撃日本の都市は、核抑止力は効果がないことを示すために理解すべきではない。むしろ、それはもはや存在しない今日の状況の特定のセットを反映しており、大部分は現代の核兵器及びその運搬車両によって除去された。1945年以来、これらの兵器によって誘発される注意は確かに彼らが最後に第二次世界大戦をもたらすのに十分でなかったとしても、役立っています。核抑止力は強力で便利な州間の紛争を防止し、制限するための力が、そうする能力だけでなく、その限界の両方にすることができ、十分に理解する必要があります。

ヨナフリードマンは核問題に関するプロジェクトの研究インターンです。上記の見解は、彼自身のものであり、必ずしも核問題や戦略国際問題研究所(CSIS)でのプロジェクトの見解を反映するものではありません。

二点

私は公正かつ慎重な表現ヨナフリードマンが私の見解を与えて感謝しています。三つ。
1)私は、冷戦の危機のレコードはほとんどの人が想定以上にあいまいであると信じています。ほとんどの人は冷戦危機のレコードはほとんど核抑止が機能するという考えを支持することを想定しています。私はよく分からない。時にはそれが時には、核抑止が機能するという考えを支持していないように見えます。キューバのミサイル危機を取る。キューバのミサイル危機は通常核抑止の働きの一例として記載されている。ソ連は、核戦争の危険を提示、結局のところ、彼らのミサイルを撤回した。しかし、これは問題を見渡すことができます。核戦争のリスクは積極的な行動から指導者を拘束した場合は、なぜそれが最初の場所でキューバ海上封鎖を課すことからケネディを抑制しなかったのですか?ケネディは、彼は核戦争の危険を冒すたことをはっきりと認識していました。彼らはあらかじめ一週間のためにそれについて話しました。危機の後、彼は戦争のリスクが1/3と1/2の間であったソレンセンに語った。まだ彼は、とにかく核戦争のリスクをもたらす行動をとった。失敗した核抑止の他の例がある。米国が核を独占していた場合、どのようにスターリンがベルリンを封鎖危険にさらしているだろうか?などなど。
2)私は、ヨム·キプール戦争の例に関連する疑問を持っている。ヨムキプールケースと自分の存在が脅かされているときに核抑止力にのみ正しく動作するということフォークケースショー場合 - あなたは、例えば、遠く及ぶ島や占領地を保護するためにそれを使用することはできません - どのように拡大抑止は、おそらく仕事ができますか?
我々は核抑止力(およびそれらが賭けアールに私たちの国の生存を危険にさらすつもりなら3) - 米国の生存)、我々はそれが動作することを確実にする必要はないのですか?私はあなたに強盗や攻撃からあなたの家を安全に保つための装置を与えることを想像してみてください。それは小さな冷蔵庫ほどの大きさの爆発的なデバイスです。"私はそれにQ爆弾呼び出し、"私はあなたを教えてください。"あなたの前の芝生で、この看板を入れて、あなたが地下室でこのQ爆弾を持っていると、誰もが一人であなたの家を去ることをすべてあなたの隣人を教えてください。あなたの家族は完全に安全になるでしょう。" 数日後、あなたの妻は洗濯をやって地下にあり、彼女は音をclunking、いくつかの奇妙な威嚇を作るのQ爆弾を聞く。あなたは私を呼んでいます。"このQ爆弾はそれが暴発することを行っていないかそれは右、本当に安全ですか?" あなたは尋ねる。"確かに、"私は答える。"それは完全に安全だ....たぶん。" さて、電話を切る、上の階に行くと、Q爆弾が本当に安全であることをあなたの妻に説明する。多分。
核抑止に伴う危険性は非常に高いので、それが動作するかどうかを評価するかどうか証拠基準は相応に高くなければならない。私は証拠が十分な自信を持って核抑止力を証明して説得していないよ。
ウォード·ウィルソン
シニアフェロー
不拡散研究センターのジェームズマーティン