上杉機関 2番館

  • 福島で被曝した方の健康管理と食事療法 - 福島では避難者も含めて多くの疎開をしてる。その中でも被曝した方にとっては検査もままならず、 自民党が買収した医師会によって、偽の検査データーが開示されていると聞く。 要は、被曝してませんよ、という工作をしているというのだ。 しかし、避難しても初期被曝した健康は自分で管理する他なく、検査だけでは 被曝からの癌に対...
    4 年前

上杉機関 特別部

  • 日本でも明治維新から偽ユダヤ神話が拡散し、現在では日本でも伊勢神宮関係者や 小泉八雲の連中まで捏造するようになった。 伊勢神宮=ユダヤ教と説明したこの連中が 最初であり、八雲が紹介したのが最初だとされているのだが、そもそもユダヤ教そのものが カルト教団で贋作された偽宗教であり、ユダヤ人の教祖である史観もユダヤ人本...

地震は予知できる。東電は無能

Loading...

土曜日, 9月 25, 2010

★★★中国は如何にして他国を侵略し自国領土としてきたか

尖閣諸島問題でシナ派の組織はすべて隠蔽するために


黙ってしまったではないか。侵略、殺人、殺人食文化、

チベット、ウイグル、すべて中華人翼賛派は無視している現実がある。





この機会を隠蔽するため、cia説、陰謀説、

利権説が作られてシナ派から偽装されていくだろう。これらは過去においても

すべて既に予想済みである。



尖閣諸島は日本領土である。無視する戯け者は殴ってよい



悪魔サタン国家 中国の実態を見よ!!!!








http://video.google.com/videoplay?docid=-2971593969950145017#

チベット人を中国の国家一級の「特一」射撃手が射殺して遊ぶ映像





http://www.youtube.com/watch?v=P5sWncFiYnA










中国人がイスラム人を傲慢に拷問して笑顔で帰宅する映像。

イスラム殺しは中国漢族の遊びであり、誉れである!!

http://www.youtube.com/watch?v=RE9nA00VEV0&feature=related







http://www.youtube.com/watch?v=LCHULytV1PE

日本では報道されていない・シナ(中国)海軍の虐殺ビデオと

ベトナム民間人に対する圧倒的虐殺映像。無抵抗な市民と軍人に軍艦で
一斉砲撃。のちに、その領土は中国軍に侵略された。





そしてこれが中国政府が隠蔽する中国の伝統食品。人間食品である。

人食大国中国の知られざる歴史の数々を見よ。



http://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E9%A3%9F

『孔子家語』




(原文)子路與子羔仕於衛,衛有蒯聵之難.孔子在魯,聞之曰:「柴也其來,由也死矣.」既而衛使至,曰:「子路死焉.」夫子哭之於中


庭,有人弔者,而夫子拜之,已哭,進使者而問故,使者曰:「醢之矣.」遂令左右皆覆醢,曰:「吾何忍食此.」



(訳文)子路と子羔は衛の国に仕官した。衛の国で蒯聵(南子かな?)が反乱を起こすと、孔子は魯の国でそれを聞き、「柴(子羔)は帰


ってきて、由(子路)は死んでしまうだろう」と言った。衛国の使者がやってきて「子路が死にました」と伝えた。孔子は中庭で哭(な)


いた。弔問客が来たので、孔子は挨拶して哭くのをやめた。衛国の使者を座敷に上げて死因を訊ねると、使者は「塩漬けにされたのです」


と答えた。そこで左右の者たちに命じて塩漬けを全部捨ててしまい、「わたしにはこれは食べられない」と言った。



この話が、どこをどう間違ったのか「孔子が捨てたのは人肉の塩漬けだった」とか「孔子は子路を塩漬けにして食った」とか、あさっての


方向に誤読されていった模様。



現代の日本人として普通に読めば、塩漬けを見ると子路を思い出してしまうので食べられなかった、ということだろう。



ただ、古代中国の話だから言霊思想的な文脈から読まれるべきかも知れない。



『文選注』



(原文)孔子至於勝母,暮矣而不宿;過於盗泉,渇矣而不飲.悪其名也.



(訳文)孔子は勝母という場所に来たとき、日が暮れてもそこで宿泊せず、盗泉という場所を通るとき、喉が渇いてもそれを飲まなかった


。名前を嫌ったのである。





「仏頂面も三度までで掲載中」

儒教の朝鮮人も人食の歴史がある。ディナーは殺しと人食であった。






ウイグル国家を中国が侵略して軍が弾圧するビデオである。







チベット国を中国政府がのっとり弾圧侵略する警告映像。



中国友好派には、他国の人命・人権・権利という概念すらない。

すべて反米と中国翼賛が本当の実態である。それが本当の陰謀である。
 
 
 
 
 
 
 
 

土曜日, 9月 18, 2010

★★★★男女共同参画の意味と共産学徒の開発。フェミナチ





学生民政運動



sds計画 cia 麻薬



公安部岡崎氏は、アメリカ麻薬洗脳女性学人兵士SDS CIA civil student movement

の被爆患者である。



sdsの情報をこちらに転送してくれたのは、某国家の元情報部の技術資料報告書制作の

主任の方が報告してきた実験資料である。



SDS CIA civil student movementというのは、60年代初期に、女性に

麻薬を投与して社会正義を語らせることで、国際社会主義兵士を

生成するという生体実験から生まれた活動である。この重要目的と

されているのが、女性の貞操観念の破壊、資本主義者による社会主義の

推進、ランド株式会社(米軍シンクタンク)との特殊兵士であったことが報告

されている。また反社会的勢力の拡大を推進し麻薬の売買と精神破壊を

推進していくというコントロール実験として導入されたのが当初のciaによる

mk実験ワシントン報告文書の実験であった。



この実験は一部成功し、女性の貞操意識の破壊、精神の破壊、麻薬の推進、

学生運動にる国体の攻撃の実験などと副作用が広がり、日本とソ連でも実験

されていた。旧警察機関の佐々刑事は当事、浅間山荘事件を発生させる

国際共産主義(赤軍・インターナショナル)で学生を操る組織は一体

何なのかと研究していたが、その実験報告がこれである。



アメリカ諜報機関は当事、大規模な実験をソ連と行なっており、

アメリカ国内ではピーボディー運動というレズ運動まで人工的に開発された。

この実験の中ではさらに女性精神異常兵士という項目が作られ、フェミニズムコントロール

兵士という実験体が作られた。この実験では性差の否定実験を黒人男性

に行い去勢をともなった精神異常破壊実験が秘密裏に提供された。

そこから生まれたのが、赤軍派、インターナショナル、ブント、青同派である。



この精神異常実験の結果、女性達が麻薬に走り、学生暴動を計画する

まで発展したと実験報告が出ている。米国では危険になりすぎたため、

実験内容に改造を加えて学生社会運動に偽装変更させ、民生主義活動として

第二舞台を再配置させて緩和を図っていった。



このsdsは日本の公安部には緩和プログラムを提供されずに、根っ子が

残った状態で国体が進んでいった。その結果、フェミナチといわれる米軍が

開発した兵士が作られ、dsdの失敗が最終報告書として提出された。



この最たる被害者は女性ファッション雑誌の購読者と大学女性人権運動家組織であった。

過激派となって麻薬中毒者や精神異常者となった者が多く、結果として

次世代麻薬コントロール実験であるmk-sld実験に変化し、暴力団と左翼sds兵士学徒

を通じて大学内でフリーsexと麻薬がばら撒かれていった。

このフロントをしていたのが暴力団、北朝鮮、韓国、ソ連、中国、イスラエル、米国、イラン

による国際麻薬組織である。この組織は学生ゲリラ開発成功の後に、

麻薬第二実験としてディスコを利用してクラブにと変化させて麻薬を投与させている。

日本では警視庁公安部の諜報で監視となっている六本木ヒルズとエイベックストラックス

が国際麻薬実験組織の被爆対象であった。



1990年代ジュリアナにはイスラエルの麻薬組織が流入し、女性にsds実験

を行い、裸でダンスをさせてモラルを破壊するという学生ブント活動が

秘密裏に行なわれた。その結果、ポルノ女優が大量につくられ、大学の汚染、

教員の精神汚染、不良学生の実験に成功している。日本女性の強い貞操観念

はこうした組織が破壊した。



次にその第二世代の両親達はコントロールが抜けぬままに、女性雑誌に

フェミニスト論者として昇格し、女性フッション雑誌でフリーsexの扇動を

現在開始している。完全に精神が異常の者たちがこうして自称論者として

暴走しているという日本の現状がある。



さらに日本での実験は進められ、ロックフェラー財団は第二計画として

女性から税金を取り出す制度である男女共同参画という実態不明の

sdsセカンドプログラムを創価と社会党と自民党らに導入させた。

やはりsdsの母体が残っており、ロックフェラー財団は日本女性の精神

破壊プログラムを小泉純一郎らに進めている。





最近では韓国政府の戸籍制度夫婦別姓の推進を民主党の北朝鮮派組織が推進し、

また自民党と法制大学の教授らは国際麻薬sex実験であるセカンドsds実験

の男女共同参画で小子化がとまると嘘の扇動を開始した。この予算、なんと10兆円である。

アメリカciaすら予算はたった3800億である。しかし日本では実験の段階で

なんと10億音の資金が提供されているのである。当然公安部も男女共同参画が

国際sds社会実験とは知らされていないため、テロ組織や精神異常者の

製造に10兆円の税金が投入されているとはしらない。驚愕である。



このため、左翼学徒が団塊世代となり、大麻・麻薬の常用によって肺癌患者と

多くがなっていったことがわかる。第二世代はジュリアナでの麻薬被爆者である。

第3計画では六本木ヒルズと芸能人を挟んだ複合実験となっている。自民党、民主党、

暴力団、堀江崇文らが深く関与している。



-----------------------------------------------------

当事の日本の資料から抜粋。

「初期のsds精神異常兵士の日本での活動」

「安保闘争」70年安保 に移動?: 学生の間では1968年(昭和43年)から1969年(昭和44年)

にかけて全共闘や新左翼諸派の学生運動が全国的に盛んに年安保闘争」を

沖縄返還運動とセットの「国民運動」として位置づけ、70年の「自動延長」そのものには60年安保闘争。



-----------------------------------------------------

全米学生運動。学生自治会を強化する上で市民的自由を強化する作業として

スタッフには密接にCIAの職員で固められていた。勤務していたNSAのリーダーシップの他、

民主社会(SDS)のための学生の起業家の多くはciaの管理下で実験が続けられている。

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://www.usstudents.org/who-we-are/history





委員会のリーダーシップは、主にこれらの公民権運動の背景から、描かれた

募集キャンパスでCIAの許可と予備役将校訓練プログラムを提供することにより、

ニューヨーク大学の学生運動の推力は、アドホックさまざまなソースから来た。

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://www.nyu.edu/library/bobst/collections/exhibits/arch/Whoswho/SDS.html

-----------------------------------------------------

アメリカの学生運動の議論が頻繁に開始がと終了。学生自治会を強化する上で市民的自由を

保護するための作業。民主社会のため学生の多くの起業家は、(SDS)の出会いとなり、

後半1966でCIAの資金がトリクルに鈍化した。関係はしていた。

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://en.wikipedia.org/wiki/Columbia_University_protests_of_1968



-----------------------------------------------------

sdsから共産精神異常兵士と副作用が発生したという資料

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/0149-0508.00195/pdf

-----------------------------------------------------

ヒッピー学生運動とフリーsex運動は男女共同参画実験の前進母体であった。

7月2日 - LBJの標識米国公民権法は:公共施設すべてにオープン-

SDSのリードの学生がコロンビア大で1週間の5つの建物を引き継ぐ。

CIAとFBIは、米国市民との違法監視で起訴。

タイムクラインヒッピーによる精神異常患者のsds被爆人間報告

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://www.hippy.com/timeline.htm

-----------------------------------------------------

2002博士クリスhのルイス氏は、sdsの内容を報告する。

Sewall Academic Program; University of Colorado at Boulder スーワルアカデミックプログラム;ボルダーでコロラド大学

Created 7 August 2002: Last Modified: 19 Nov. 2002 8月作成7 2002:最終更新日:2002年11月19日

http://www.colorado.edu/AmStudies/lewis/2010/students.htm

-----------------------------------------------------

ケージーベーとciaが共同で行なったsdsの資料。

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://www.sds-1960s.org/books/imaginationofthenewleft.pdf

-----------------------------------------------------

国際sds計画の主軸となった国際リベラルの反セム主義ユダヤ人組織とユダヤsds活動。





-----------------------------------------------------

なぜそこにSDSで非常に多くのユダヤ人でしたか? (or, The Ordeal of Civility) (または、礼儀の試練)

by Mark Rudd マークラッド

A talk which was presented at the New Mexico Jewish Historical Society, Nov. 2005 2005年11月、社会歴史話だった提示でニューメキシコ州のユダヤ人

http://www.markrudd.com/?about-mark-rudd/why-were-there-so-many-jews-in-sds-or-the-ordeal-of-civility.html





I've been thinking about this subject for a long time, almost forty years, so I want to begin by thanking the New Mexico Jewish Historical Society for giving me this opportunity to organize my ideas.私は長い間、このテーマについては、ほぼ40年を考えてきたので、私はこの機会を自分のアイデアを整理することのために、ニューメキシコ州のユダヤ人歴史協会に感謝し開始する。 I first spoke publicly about the question in 1988 at the twentieth anniversary celebration of the Columbia strike.私が最初に公開コロンビアのストライキの20周年記念1988年の質問について話しました。 In a rambling 45 minute monologue I touched on a lot of subjects, but the only one people seemed to respond to was my recognition of our Jewish backgrounds as relevant to our opposition to the war and racism.とりとめのない45分モノローグで、私は被験者の多くのが、触れただけで一人に対応するよう、戦争と人種差別に私達の反対に関連としてのユダヤ人の背景は私の認識であった。 That was during a mini-revival of Judaism and Jewish culture which took place among the not so new New Leftists in the 80's.それはユダヤ教とユダヤ人の文化の80年代ではない、新しい新左翼の間で行われたミニ復活中だった。 With the death of the socialist dream we were all searching for direction at the time.社会主義の夢私たちはすべての方向の時に探していたが死亡した。 Unfortunately, I haven't pursued the subject until now, but I do believe that the revolt of Jewish youth in the New Left of the sixties and seventies deserves to be studied and honored as an important chapter in the history of American Jews.残念ながら、私は今までの対象を追求していないが、私は新左翼60のユダヤ人の青年と70の反乱は、検討するとアメリカのユダヤ人の歴史の中で重要な章として表彰に値すると考えてください。



Before beginning to write, I checked out the subject on the internet.書き始める前に、私はインターネット上で話題をチェックアウト。 Googling the words “Jews and SDS,” the number two site that popped up was a page from “Jew Watch,” which monitors the ZOG, that is the Zionist Occupation Government of the United States. Googleを言葉は"ユダヤ人は、SDSは、"番号ポップアップさ2つのサイトのユダヤ人を見る"からページには、"これ、それは米国のシオニスト占領政府は??を監視した。 The piece was called, “How the Jews Controlled the New Left of the 1960's.” Reading down, I found some decent scholarly references concerning the numerical preponderance of Jewish leaders and rank-and-file members of the New Left and SDS, at least until the late 1960's.作品は、"どのようにユダヤ人が新左翼を1960年代の制御と呼ばれた。"ダウン読書、私はいくつかまともな学術の参照がユダヤ人の指導者とランクはと、新左翼とSDSのメンバーファイルの数値優位に関する発見、少なくとも1960年代後半まで。 But at one point, with no warning, the anonymous author suddenly flips into analysis mode with this paragraph:しかし、ある時点で、警告なしで、匿名の著者は、突然の分析モードにこの項で反転:



“Radical Jewish students tended to come from liberal if not radical homes. "ラディカルユダヤ人の学生が家庭過激れていない場合リベラルから傾向に来る。 While their parents might express some opposition, often on tactical grounds, they were generally quite supportive. 根拠が彼らの戦術的には、しばしば親が可能性があります反対を表明いくつか、彼らが支持された一般的にはかなり。 Indeed, many Jewish parents spoke with pride of their “revolutionary” children. 実際、多くのユダヤ人の両親は子供"革命"スポークと誇りに。 During the 1968 Columbia upheavals, Mark Rudd's mother commented: “My revolutionary helped me plant these tulips last November, my rebel.” Rudd, in turn, according to the same New York Times story, speaks of his parents with respect and affection, and they maintain that they are “100 percent behind him,” even though they don't agree with all his views. 激変中1968コロンビア、マークラッドの母親がコメント:"私の革命的な11月助け最後にこれらチューリップを私が植え、私の反政府勢力は"ラッドは、順番に、ストーリータイムズよると、同じニューヨーク、彼の話すと両親と尊敬愛情、彼らは主張するの背後に彼らは"%が100、"にもかかわらず、ビュー彼のすべてとはしないことに同意。 On Mother's Day (during the riotous period at Columbia) his parents went to the Columbia campus and bought a veal parmigiana dinner, which the family ate in their parked car on Amsterdam Avenue. )騒々しい時期にコロンビアの両親(中日の彼の母キャンパスコロンビア行ったとアベニューの停車中の車にアムステルダム買った牛肉で食べた家族は、パルメザンチーズ入りのディナーを。 [New York Times, May 19, 1968, p. [ニューヨークタイムズ、1968年5月19日頁 1.]” 1"]



I'm not sure whether the author is jealous of the close, accepting Jewish family, or more likely, merely Jewish humor-impaired, not recognizing my mother's obvious sarcasm.私はかどうかを著者が近い嫉妬されている、または可能性が高い、単にユダヤ人のユーモア障害、私の母の明らかな皮肉を認識できないというユダヤ人の家族を受け入れていない。



Originally I was astounded that a quote from my dear mother, Bertha F. Rudd?now age 93 and still healthy and sharp-as-a-tack, living in the Lester Senior Housing Independent Living Apartments of the Jewish Community Housing Agency at the Metrowest Jewish Community Center, in Whippany, NJ?would appear on a rabidly anti-semitic website.もともと私は私の愛する母からの引用は、バーサF.ラッド-現在93歳驚いとまだ鋭いとして-タック健康、レスターシニア住宅独立のメトロウウェストでアパートをユダヤ人コミュニティ住宅局のリビングに住んでいたユダヤ人コミュニティセンターは、ホイッパニーでは、ニュージャージー州は熱狂的に反ユダヤのウェブサイトに表示される。 But then I remembered that Bertha had served as the model for Woody Allen's mother in the 1989 movie “New York Stories, Oedipus Wrecks” in which his mother appears in the sky over Manhattan to tell the whole city about his shortcomings.しかし、私は、バーサは1989年映画の中でウディアレンの母親が彼の母親がマンハッタン上空で彼の欠点について、都市全体を伝えるように見えるモデル"ニューヨークストーリーは、オイディプス大破"を務めていたことを思い出しました。



Anonymous anti-semites aside, the numbers on Jews in SDS are clear.匿名反脇セム、ユダヤ人SDSでの数字は明らかです。 The author Paul Berman, himself a Jewish veteran of Columbia SDS, in his excellent book, “A Tale of Two Utopias,” gives the following data from reliable sources: two-thirds of the white Freedom Riders who traveled to Mississippi were Jewish; a majority of the steering committee of the 1964 Berkeley Free Speech Movement were Jewish; the SDS chapters at Columbia and the University of Michigan were more than half Jewish; at Kent State in Ohio, where only 5 percent of the student body was Jewish, Jews constituted 19 percent of the chapter.著者ポールバーマン、自分自身コロンビアSDSのユダヤ人のベテランは、彼の優秀な本の中で、"源氏物語2ユートピアは、"信頼性の高い情報源から、次のデータに:自由ライダーミシシッピを旅し白の3分の2ユダヤ人与える。 1964バークレー言論の自由運動の運営委員会の大半はユダヤ人。コロンビアでのSDSの章とミシガン大学の半分ユダヤ人以上いた。オハイオ州、学生のわずか5%はユダヤ人だった、ユダヤ人ケント州立大学で構成章の19%。 I might add a strange statistic which I became aware of in the course of two trips to Kent State to commemorate the events of May, 1970: three of the four students shot by the National Guard at Kent State were Jewish.私は私の知ってケント州立に2つの旅行のコース5月のイベントを記念になった奇妙な統計情報を追加するかもしれないが、1970年:3つの4人の州兵がケント州立大学で撮影したユダヤ人。 This, of course, defies all odds.これは、もちろん、すべてのオッズを無視。



There are at least two good ways to pursue the question of why there were so many Jews in SDS.少なくとも2つの良い方法がSDSで非常に多くのユダヤ人であった理由の問題を追求しています。 The first would be a sociological research study in which a large representative sample of the Jewish veterans of SDS and the New Left are asked about the relationship between their being Jewish and their activism.最初に、どののSDSのユダヤ人退役軍人や新左翼の大規模な代表的なサンプルの間の関係について質問さ社会調査研究になるのとその運動ユダヤ人であること。 The responses would be classified and quantified.応答が分類されるだろうと定量化した。 I hope somebody does this, if it hasn't already been done.私は願って誰かが既に行われていない場合は、この、しません。 The second approach, ethnographic case study, is the one I propose to pursue. 2番目のアプローチは、民族のケーススタディ、私が追求することを提案ものです。 And, surprise, the case study will be myself, as representative of the cohort.そして、驚いたことに、ケーススタディは、自分自身をされるコホートの代表として。 So here goes:だからここに:



My father, Jacob S. Rudd, born Jacov Shmuel Rudnitsky in Stanislower, Poland, immigrated to the United States in 1917, when he was nine years old.私の父は、ジェイコブ米ラッド、StanislowerでJacovシュムエルRudnitsky生まれ、ポーランド、米国に1917年に、彼が9歳に移住しました。 My mother, Bertha Rudd, was born Bertha Bass, in Elizabeth, New Jersey, in 1912, the year after her parents immigrated from Lithuania, the only child of the family born in this country.私の母は、ベルタラッド、エリザベス、ニュージャージー州で1912年にバーサBassを、生まれ、1年後に彼女の両親はリトアニアから移住し、家族のこの国で生まれたの唯一の子。 My family was part of the great wave of Eastern European Jewish immigration which lasted from 1880 to about 1920.私の家族は1880年から1920年まで約まで続いた東欧のユダヤ人移民の大きな波の一部だった。



Both my parents were raised in Elizabeth, NJ, speaking Yiddish at home and English outside the house.どちらも私の両親はエリザベス、ニュージャージー州の自宅でイディッシュ語と英語の家の外に話して提起された。 My mother graduated high school, and my father went to Rutgers, the State University, on a scholarship.私の母は、高校を卒業父はラトガーズ大学に行って、州立大学、奨学金。 Though he graduated as an electrical engineer in 1932, he couldn't find work in the depths of the depression so he went into the Army as a reserve officer and ran CCC camps.彼は1932年に電気技師として卒業が、彼は彼が軍に予備役将校として行って、CCCのキャンプをしたうつ病の深さで仕事を見つけることができなかった。 For three years my parents were stationed in Blanding, Utah, a world away from Elizabeth, NJ Stories I heard and photos I saw as a child generated in me a fascination with the Southwest, which might have been an important factor in my transplanting myself here years later.私の両親は、ブランディング、ユタ州は、世界の距離エリザベスから駐留した3年間、ニュージャージーストーリーは、私が聞いた、私は子供の頃に見た写真私のサウスウェスト、私はここで自分自身を移植の重要な要因となっている可能性がありますと魅力を生成年後。



My father served as an officer during World War II, both at home and in the Philippines.私の父は役員として二次世界大戦中に、自宅の両方で、フィリピンで提供。 After the war he continued in the reserves, eventually rising to the rank of Lieutenant Colonel, which he was very proud of.彼は準備に続いて、戦争、最終的には中佐、彼は非常に誇りに思っていたの階級に上昇した後。 Someone had told him that a Rudnitsky could never rise above the rank of Captain, so in 1954 he shortened his name?and mine?which seemed to do the trick.誰かがそのRudnitskyはキャプテンのランク上なので、1954年に彼が短縮上昇しない可能性が彼に言った彼の名前と地雷がトリックのように思えた。



I was raised in the town of Maplewood, NJ, a near-by suburb of Newark.私はメープルウッド、ニュージャージー州の町で育った近いニューアークの郊外で。 My grandmother on my mother's side ran a “candy store,” what we would probably now call a convenience store, in a mixed-Irish-Italian-Jewish-black neighborhood of Newark, a very old industrial city.私の母の側に私の祖母は、"私たちは、おそらく現在、ニューアーク、非常に古い工業都市の混合アイルランドイタリアユダヤ人の黒近所のコンビニを呼び出すと"キャンディストアを走った。 From 1945 to 1967, an entire flourishing community of about 100,000 Jews packed up and left Newark for the suburbs to the west.約10万人のユダヤ人全体の繁栄コミュニティ詰まる1967年1945年から、と西に郊外のニューアークを残しました。 The story of the Newark Jews, including the flight to the suburbs, has been brilliantly chronicled by Philip Roth, starting with “Goodbye Columbus” in 1959, up to today, with “The Plot Against America,” published in 2004.郊外への飛行を含むニューアークのユダヤ人の物語は、見事にフィリップロスで、さようならコロンブス"と"1959年に開始、今日まで、アメリカに対してプロット"と、"2004年に公開されて記録にとどめている。 Roth is about 15 years older than I am; the world he describes is precisely one-half generation earlier than the one I grew up in. It's no surprise that he has always been one of my favorite authors, though my mother can't stand him since Maxine Grofsky's mother used to sit next to her in shul.ロスは約15年以上私はそれ以上の年齢であり、彼は説明世界が正確に2分の1世代前の1つ以上の私の母は我慢できないがそれは彼が常に1つ私の好きな作家のされている不思議、だ育ったですマクシーンGrofskyの母親が使用されるので、彼は彼女に、次のシナゴーグに座って。 Mrs. Grofsky had nothing good to say about Philip.夫人Grofskyは何も良いフィリップについて言っていた。 Maxine was the girl that Philip was going with right before he wrote “Goodbye Columbus.” The story skewered rich suburban Jews and also there was something about a diaphragm, you might recall.彼は"さよならコロンバスを書き込み前にマクシーンは女の子で、フィリップが正しいと思っていた。"ストーリーは豊かな郊外のユダヤ人を串刺しにもある横隔膜何かされた場合は、思い出すかもしれない。 The incident was very difficult for the Grofsky's and for my mother.事件は非常に困難だったGrofskyのと母のために。 Bertha never liked Roth after that.バーサは、後にロスが好きでした。



I invoke Roth to let you in on the insularity of the world I grew up in. My family carried the Jewish ghettos of Newark and Elizabeth with them to the suburbs.私は世界の島国で私は私の家族インチ一緒に郊外にニューアークのユダヤ人ゲットーとエリザベスを運んで育ったことをできるようにロスを呼び出します。 We may have lived in integrated neighborhoods, that is integrated with goyim (there were only a few blacks in the town) and we may have gone to integrated schools, (of course there were no blacks in my elementary school) but we were far from assimilated, if that means replacing a Jewish identity with an American one.我々は、統合された地域で、そのgoyimと(ある町で唯一のいくつかの黒人があった統合されて)、我々は統合された学校になっている可能性があります(もちろんない黒人は私の小学校にいた)私たちは遠くから住んでいた可能性がありますそれはアメリカのものとユダヤ人のアイデンティティを置き換えることを意味する場合、同化。 At about the age of nine or ten I remember eating lunch at the house of a non-Jewish friend and reporting back that the hamburgers had onion and parsley in them.で9歳の約または私は非ユダヤ人の友人の家で食べる昼食を覚えて、戻ることハンバーガーはその中に玉ねぎとパセリをした報告10。 “Oh, that's goyish hamburger,” my mother said. "おお、それはgoyishハンバーガーは、"だ母は言った。 I lived a Philip Roth existence in which the distinction between Jews and gentiles was present in all things: having dogs and cats was goyish, for example, as was a church-sponsored hay-ride which I was invited to by the cute red-haired girl who sat in front of me in my seventh grade home-room.私はgoyish、例えばされたが、ユダヤ人と異邦人の区別はすべての点で存在していたフィリップロスの存在:有する犬や猫に住んで、私はによって招待された教会スポンサー花粉乗っていたとしてかわいい赤毛私の前に私の中学1年生の担任に座っていた女の子。 My parents didn't allow me to go, and, since repression breeds resistance, that was probably a signal event in my career of fascination with shiksas and things goyish, a career which paralleled that of young Alexander Portnoy in “Portnoy's Complaint.”私の両親は私が行って、許可しませんでしたし、以来、抑圧の品種の抵抗は、おそらくshiksas、物事goyish、若いアレクサンダーポートノイの"ポートノイの不満を並列経歴を持つ魅力の私のキャリアの中で信号イベントでした。"



The center of my parents' social world was Congregation Beth El in South Orange, NJ After my father achieved a certain level of success in the real estate business he was asked to join the Congregation Board.私の父は不動産事業の成功の彼は集会委員会への参加を依頼された一定のレベルを達成した後に私の両親の社会的世界の中心は、信徒ベスエルサウスオレンジ、ニュージャージー州のでした。 That was well after I had left for college.私は大学の去った後それはよくされました。 In his retirement years he took charge of the upkeep of the building and grounds.引退の年、彼は建物や敷地の維持を担当した。 My mother was active in the local chapter of the National Council of Jewish Women and ran the temple's gift shop, selling candy and bagels to the Hebrew school kids.私の母はアクティブな国家評議会のユダヤ人女性の支部にされ、寺のギフトショップを走った、キャンディ、ヘブライ語学校の子供たちにベーグルを販売。 Neither being particularly religious, we were minimally observant.どちらも、特に宗教されて、我々は最小限に観察された。 I attended Hebrew School quite dutifully, though, and services, too, at least until the year after my bar mitzvah.私はかなり忠実に、しかし、とも、少なくとも1年間までの私のバルミツバー後にサービスをヘブライ語学校に通った。 I even became President of the Junior Congregation, conducting services on Saturday mornings for the kids.私も大統領ジュニア集会は、土曜日の朝には子供のためのサービスを行ってとなった。 I was a perfect little Jewish boy in my suit and tie, tallis, and, occasionally, tefillim.私はスーツとネクタイ、タリス、完璧な小さなユダヤ人の男の子だったし、時折、tefillim。



However, it was on or about my bar mitzvah that it occurred to me, like happens to so many other Jewish kids, that God probably doesn't exist, that He's a social construct, just like all other gods.しかし、または私のバルミツバーについて、それが私に発生したと同様に、他の多くのユダヤ人の子供たちに、神は、おそらく存在しない場合、その彼が、社会のすべての他の神々と同じように構造をだに発生します。 In retrospect I realize that I never had the faith very deeply.振り返ってみると私は非常に深く信仰を持っていなかった実現します。 God wasn'ta very active member of Congregation Beth El.集会ベスエルの神のなかった非常に活動的なメンバー。 I think He had missed the move out of Newark.私は彼はニューアークの動きを見逃していたと思います。 There, my grandmother was still maintaining the old orthodox faith, observing the Sabbath and keeping kosher.そこで、私の祖母はまだ古い正統派の信仰を維持し、安息日を観察し、清浄を維持した。 Years after her death I realized for the first time that she had never once eaten a meal at our house in Maplewood, since we were not kosher.私は彼女が一度メープルウッドで私たちの家で食事を食べていなかった初めて実現彼女の死の後年度、我々は清浄されて以来。 That was the price my mother paid for having rejected her mother's old religion as just so much superstition.それは価格母だけで、それほど迷信として母親の古い宗教を拒絶するために支払われた。



As a teenager, Congregation Beth El seemed to me just another aspect of the suburban scene: materialist and hypocritical. 10代として、集会ベスエルは私には郊外のシーンだけ別の視点:唯物論と偽善のように思えた。 This was the time of the civil rights movement, but the lily-white suburbs existed in order to escape the “schvartzes.” Jews in my parents' and grandparents' milieu used this derogatory term in exactly the same way southerners used “nigger.” “The schvartze is coming to clean the house.” “The schvartzes robbed my hardware store in Newark.” “I had to sell the apartments on Clinton Avenue because schvartzes moved next door.” There was no phony liberalism about the race war in Newark and Maplewood, at least not that I could see.これは、公民権運動の時間だったが、ユリのように白い郊外に存在していたため"schvartzesをエスケープするには、"ユダヤ人両親や祖父母'環境の中でまったく同じ方法南部の"黒人を使用し、この蔑称を使用します。" "黒人が家を掃除に来ている""schvartzesはニューアークの私の金物屋を奪った。""schvartzes隣に移動ので、私はクリントンアベニューのアパートを売っていた。"がアークでのレースの戦争についての偽の自由があったとメープルウッド、少なくとも私が見ることができたの。 Oh, yes, there was the local branch of the Ethical Culture Society, which consisted of Jews so removed from their roots that they couldn't even remember they had once been Jews.あぁ、そこに倫理的な文化社会、ユダヤ人のように自分のルーツから、彼らも、彼らは一度されていた覚えていない可能性が削除さ構成のローカルブランチはユダヤ人。 They were the town liberals, and it was only later that I got to know them.彼らは町のリベラルされ、それが唯一の後、私はそれらを知ることができたした。



In the early sixties I was mostly influenced by the beats in poetry and by the folk-song movement.私は主に詩にビートの影響を受けていたと民俗曲運動によって1960年代初頭に。 Pete Seeger wasn't very Jewish, his ancestors having come over on the Mayflower, I think, though many of the communists around him were.ピートシーガーは非常にユダヤ人ではなかった、彼の祖先はメイフラワーで、私が思うに、しかし彼の周り共産主義者の多くは上に来ていた。 Israeli folk-songs of the time had a whiff of socialism about them, but labor anthems rang in my head.時間のイスラエル民俗音楽が、それらについての社会主義の匂いがあった労働国歌は私の頭の中で鳴った。 I learned the songs of the Spanish Civil War, Bertold Brecht, the Wobblies, the union movement, blues via Leadbelly and Sonny Terry and Brownie Magee.私はスペイン市民戦争、Bertoldブレヒト、産業労働者組合、労働組合運動、レッドベリーとソニーテリーとブラウニーマギーでブルースの歌を学んだ。 The Harlan County miners' “Which Side Are You On?” was not the music of the Jewish suburbs.ハーカウンティー鉱山"はどのサイドのユダヤ人郊外の?"なかった音楽に写真がありません。 I wanted out.私は思った。



I got to Columbia University as a freshman, age 18, in September, 1965, a few months after the United States attacked Vietnam with main force troops.私はコロンビア大学に1年生、18歳として、9月に、米国の数ヵ月後の主力部隊とベトナムを攻撃1965を得た。 There I found a small but vibrant anti-war movement.私は小さいながらも活気に満ちた反戦運動が見つかりました。 In my first semester I was recruited by David Gilbert, a senior who had written a pamphlet on imperialism for national SDS, Students for a Democratic Society.私の最初の学期で、私はDavidギルバート、誰が国家SDSのための帝国主義のパンフレットを書いていた先輩で採用され、民主社会のため学生。 David was one of the founders of the Columbia SDS chapter, along with John Fuerst, the chapter Chairman.デビッドは1つのコロンビアSDSの章の創設者の、ジョンフュアースト章会長となった。 Both were Jewish, of course, as were my mentors and friends, Michael Josefowicz, Harvey Blume, Michael Neumann, and John Jacobs.どちらも、ユダヤ人、当然のことながら、私の指導者や友人、マイケルジョセフォウィッツ、ハーベイブルーム、Michael Neumannさん、ジョンジェイコブスていたとして。 Ted Kaptchuk and Ted Gold were Chairman and Vice-Chairman of Columbia SDS the year before I was elected Chairman, along with my Vice-Chairman, Nick Freudenberg.私は、一緒に私の副会長、ニックフロイデンベルクで会長に選出される前にテッドKaptchukとテッド金は会長と副会長コロンビアSDSの年であった。 All of us were Jewish.私たちは皆ユダヤ人。 It's hard to remember the names of non-Jewish Columbia SDS'ers; it was as much a Jewish fraternity as Sammie.これは、ハード非ユダヤ人コロンビアSDS'ersの名前を覚えている、それは多くのサミーとしてユダヤ人兄弟だった。 There were probably a greater proportion of gentile women than guys in SDS, and of course I got to know them.おそらくSDSは、みんなよりも異邦人女性の大部分は、され、もちろん私はそれらを知ることができた。



Out of all the uncountable hours of discussion in SDS meetings, at the West End Bar over beer, and in our dorm rooms and apartments over joints, I don't remember one single conversation in which we discussed the fact that so many of us were Jewish.アウトビールを飲みながらウエストエンドバーでSDSの会議、私たちの寮の部屋とアパートメントの関節の上での議論のすべての数え切れないほどの時間、私は私たちが事実をように私たちの多くが議論1つの会話を覚えていないユダヤ人。 This glaring lack alone might serve as a clue to what we were up to: by being radicals we thought we could escape our Jewishness.この明白な不足が単独への手掛かり、私たちが最大であったとして可能性があります:私たちは私たちがユダヤ人であることを免れる可能性が考えられてラジカルによる。 Left-wing radicalism was internationalist, not narrow nationalist; it favored the oppressed and the workers, not the privileged and elites, which our families were striving toward.左翼急進主義は国際主義ではなく、狭い民族主義でした。それは、労働者は、特権とエリート、その私達の家族に向ける努力をしたこと虐げられた支持。 Moreover, we were New Leftists, having rejected the sectarianism and cant of the Old Left, which, of course was dominated by Jews.また、新左派はであったが派閥、旧左、もちろんユダヤ人によって支配されたカントを拒否した。



My friends in SDS taught me, quite correctly, that the world was in revolt against US domination. SDSは私の友人は、非常に正確に、世界は米国の支配に対して反乱を起こすと私に教えてくれました。 That was why the Vietnamese were fighting so hard.だからこそ、ベトナムは一生懸命戦っていた。 I learned to admire the Vietnamese and the Cubans and the Chinese and the Russian peasants who had stood up to make a new society.私は、キューバ、中国、新しい社会を作るために立ち上がったいたロシアの農民をベトナム賞賛することを学んだ。 Identifying with the oppressed seemed to me at Columbia and since a natural Jewish value, though one we never spoke of as being Jewish.私にはコロンビアでいた抑圧と自然のユダヤ人の値から、との識別1我々は話をしないかのようにユダヤ人であること。 We were socialists and internationalists first.我々は社会主義と国際主義の最初でした。 I myself joined the cult of Che Guevara, putting posters of him on my apartment wall and aching to be a revolutionary hero like him.私は、私のアパートの壁に彼のポスターを入れてチェゲバラのカルトに参加し、彼のような革命的なヒーローに心が痛む。 He wasn't very Jewish, incidentally.彼は非常にユダヤ人、偶然ではなかった。



But World War II and the holocaust were our fixed reference points.しかし、二次世界大戦とホロコースト私たちの固定基準点があった。 This was only twenty years after the end of the war.これは戦争の終わりにわずか20年後だった。 We often talked about the moral imperative to not be Good Germans.私たちはしばしば道徳的な命令について良いドイツではないこと話しました。 Many of my older comrades had mobilized for the civil rights movement; we were all anti-racists.私の古い仲間の多くは、公民権運動に動員した。我々はすべての反人種差別主義者であった。 We saw American racism as akin to German racism toward the Jews.我々はユダヤ人に向かってドイツ人種差別に似て、アメリカの人種差別を見た。 As we learned more about the war, we discovered that killing Vietnamese en masse was of no moral consequence to American war planners.私たちはもっと戦争について学んだように、私たちは一斉にベトナムを殺すは道徳的な結果のアメリカの戦争計画を発見した。 So we started describing the war as racist genocide, reflecting the genocide of the holocaust.だから我々は人種差別大量虐殺、戦争を記述する、ホロコーストの虐殺を反映し始めた。 American imperialist goals around the world were to us little different from the Nazi goal of global conquest.世界中のアメリカ帝国主義の目標は、私たちに少し世界征服のナチスの目標は異なっていた。 If you really didn't like somebody?and we loathed President Lyndon B. Johnson?you might call him a fascist.あなたは本当に誰かが、我々は大統領はリンドンは、Bのジョンソンはあなたは彼のファシストと呼ぶかもしれない嫌いのようなしなかった場合。



Columbia SDS adopted an intelligent strategy of protesting the war by opposing the university's involvement with it.コロンビアSDSはそれと大学の関与に反対する戦争に抗議の知的戦略を採択した。 Over a three year period we exposed the University's claims of being “value-neutral” by pointing to Columbia's Naval ROTC program, its allowing Marine and CIA and Dow Chemical recruiting, and, finally, the defense-oriented research work of the Institute for Defense Analysis consortium, of which Columbia was a leading?and secret?member.我々はされて大学の主張を公開3年間の期間に"価値中立"コロンビアの海軍予備役将校訓練プログラムをポイントし、その可能海兵隊とCIAとダウケミカルの募集、そして、最後に、国防研究院のための防衛指向の研究どのコロンビアは最先端と秘密のメンバーだった解析コンソーシアム。 Support for the anti-war position among students and faculty gradually grew as the war escalated and as the SDS chapter engaged in continual educational activities and confrontations.学生や教職員の間で反戦の位置のためのサポートが徐々に戦争エスカレートするように成長し、SDSの章継続的な教育活動や対立に従事している。 The conflict with the university over the war and racism came to a head in the massive rebellion and strike of April-May, 1968.戦争と人種差別以上の大学との競合が大規模な反乱4月5月、1968年のストライキで、頭にきた。



What outraged me and my comrades so much about Columbia, along with its hypocrisy, was the air of genteel civility.何と私を激怒させたコロンビアそんなにについての私の仲間は、一緒にその偽善で、上品な礼儀正しさの空気があった。 Or should I say gentile?または私は異邦人と言うでしょうか? Despite the presence of so many Jews in the faculty and among the students?geographical distribution in the admissions process had not been effective at filtering us out, our SAT's and class-rank being so high?the place was dripping with goyishness. goyishnessで滴下された教員のように多くのユダヤ人の存在と入学プロセスの学生-地理的分布の間にもかかわらず、効果的な、我々の土のとクラス順位がされて非常に高い位を私たちをフィルタリングではなかった。 When I got there freshmen still wore blue blazers and ties and drank sherry at afternoon socials with the deans.私が新入生を持っても部長と午後の会合で青いブレザーとネクタイを飲んだシェリーを着ていた。 At the top of the Columbia heap sat President Grayson Kirk and Vice-President David Truman, two consummate liberal WASP's who privately claimed to oppose the war but maintained the institution's support of it.コロンビアヒープの上部に、副社長のDavidトルーマン大統領グレイソンカークが座っていた2つの完全な自由WASPをの個人的戦争に反対すると主張し、それの機関の支援を維持した。



In an infamous rabble-rousing speech I made in the course of one the confrontations on campus, I referred to President Grayson Kirk as “that shithead.” Certainly I reveled in my role of head barbarian within the gates.私はキャンパス内に対立の1つのコースで行われた悪名高い民衆を扇動する演説で、私は大統領グレイソンカーク、その嫌なやつ"と呼ばれる。"確かに私は頭の野蛮なの私の役割の門内に確かめた。 But also I wanted to de-throne the President of Columbia University in the minds of my fellow students.しかし、また、私はド王位大統領コロンビア大学の仲間の学生の心の中にいました。 It worked.それは働いた。



More than twenty years ago I read a book called, “The Ordeal of Civility: Freud, Marx, Levi-Strauss and the Jewish Struggle With Modernity.” The author, an Irish-American sociologist named John Murray Cuddihy, advances a fascinating theory on the origins of Marxism and Freudianism.私は、"試練礼儀の:フロイト、マルクス、レヴィ=ストロースとユダヤ人の闘争をモダンでという本を読んで20年以上前に"著者は、アイルランド系アメリカ人社会学者ジョンマレーカディイー、進歩魅力的な理論上の名前付きマルクス主義とフロイト主義の起源。 Jews were newly emancipated, that is, given legal and political rights, in Western Europe in the mid to late nineteenth century.ユダヤ人は新たに解放された、されたこと、19世紀後半半ば、西ヨーロッパでの法的、政治的権利を与え、です。 But even bourgeois Jews were still excluded from civil society by customs and especially by manners.しかし、ブルジョアユダヤ人がまだ税関が市民社会やマナー、特にでから除外された。 As Jewish (or formerly Jewish) outsiders ostensibly allowed in, but not really, Marx and Freud brought critical eyes to European bourgeois society. (または旧ユダヤ人)外部表向きでは許可さではなく、実際にユダヤ人、マルクスとフロイトがヨーロッパブルジョア社会に批判的な目をもたらした。 Marx said, in effect, “You think you've got yourself a fine little democracy here, well let me tell you about the class exploitation and misery that's underlying it.” Similarly, Freud exposed the seamy, sexuality-driven motives, the up-raised penises controlling the unconscious minds of civilized, well-mannered bourgeois society.マルクスは、実質的に、"あなたは自分をここに罰金少し民主主義を持っていると思う、よく私は、クラス搾取し、それを基礎だ悲惨をご紹介しましょう"と述べた。同様に、フロイトが裏の、セクシュアリティ駆動の動機を、公開される育ちのペニス文明、礼儀ブルジョワ社会の無意識の心を制御します。



We Jews at Columbia?and I would guess at colleges throughout the country?brought the same outsider view to the campuses we had been allowed into.国は、我々はに許可されていたキャンパスに同じアウトサイダービューを持って我々はユダヤ人がでコロンビアは、私は大学で全体よね。 We were peasant children right out of the shtetls of New Jersey and Queens screaming, “You want to know the truth about Columbia University, they're a bunch of liberal imperialists!我々は、農民の子供たちを右からニュージャージー、クイーンズのshtetls叫びは、"あなたはコロンビア大学についての真実を知って、彼らはリベラルな帝国主義者の集団ですかされた! They claim to be value-neutral but when we asked them to stop their research for the Vietnam War and their racist expansion into the Harlem community, they not only ignored us, but they called out the cops to beat us up and arrest us.彼らは価値中立的であるように思わときには、ベトナム戦争とハーレムのコミュニティには人種差別的な拡大のための研究を停止するよう求めたと主張、彼らは私たちだけを無視ではなく、彼らは私たちを破って、私たちを逮捕する警官を呼ばれる。 Up against the wall, motherfucker, this is a stickup!” Morally and emotionally we could not fit into the civilized world of the racist, defense-oriented modern university.壁、野郎に対してまで、これは強盗だ!"道徳的、精神的に我々は人種差別主義者の文明世界に収まることができず、防衛指向近代的な大学。 Such was our ordeal of civility.これは礼儀の私達の試練だった。



Only a few of us came to Columbia from red-diaper backgrounds, children of communists.私たちだけのいくつかはコロンビアに赤おむつの背景、共産主義の子供たちから来ました。 We were good Jewish kids, the cream of the crop, who had accepted the myths of America?democracy, opportunity for all, good intentions toward the world?and of the university?free and open inquiry toward the truth.我々は良いユダヤ人の子供たちは、すべての、機会がアメリカ民主主義の神話を受け入れていた作物のクリームが、に向かって善意の真実に向かって大学自由でオープンなお問い合わせとの世界。 We were betrayed by our country and the university when we learned, in a relative instant, that the reality wasn't even close to these myths.私たちは国や大学我々が学んだによって裏切られた、相対瞬時に、現実でも、これらの神話に近いでした。 We third generation American Jews suddenly woke up and realized this country may have been a blessing for us, but not for so many others who couldn't pass for white.我々は第三世代のユダヤ系アメリカ人が突然目が覚めた、この国を実現白渡すことができるよう他の多くのための私達のための祝福ではなく、をされている場合があります。 I should add that non-Jewish friends and comrades in the New Left experienced very similar feelings of betrayal and outrage, though coming from different backgrounds.私は、非ユダヤ人の友人や仲間の新左翼の裏切りと怒りの非常によく似た感情を経験し、さまざまな背景から来ても追加してください。



In the midst of the Columbia strike, a downtown theater company came to the campus to perform for us a revival of an old Yiddish play, “The Gymnasium.” About 1,000 students packed the auditorium of the student center to see it.コロンビアストライキの真っ只中、ダウンタウンの劇団ではキャンパスに私たちは、"ジム古いイディッシュ語劇の復活を実行するようになった。"約1000人の学生がそれを見に学生センターの講堂を満員。 It's a classic story of the struggle of a Jewish family in Poland to get their son into the city's high school, the gymnasium.これは、ポーランドのユダヤ人家族の闘争の古典的な物語市の高校、体育館に自分の息子を得るためにだ。 First the boy is rejected because he's Jewish, then the family is told he can attend the gymnasium if they sponsor a gentile also.彼はユダヤ人、その家族が、彼らはまた、異邦人のスポンサーもし彼が体育館に出席することができます語られているので最初は男の子が拒否されます。 So they go out and find a gentile boy, get him through the entrance tests, pay for him, and the two boys are admitted.彼らは外に出て異邦人の少年を見つけるには、入学試験を通じて彼を取得し、彼のために支払い、2人の男の子が認めている。 It's a saga.それがサガだ。 In the last scene, the boys come home early from school.最後のシーンで、男の子は学校を早退して家に戻る。 The mother is in the kitchen.母親は台所にいます。 She asks what's wrong.彼女は何が間違っている求めている。 The son replies, “Mother, it's wonderful, the gymnasium is closed.息子は、"お母さん、それは素晴らしい返信すると、体育館が閉じられます。 We're on strike against the quota system!” The mother collapses, and as she does so, all of us in the audience jump up, screaming at the top of our lungs, “Strike!我々は、クォータシステムに対する攻撃にしている!"母の崩壊と、彼女はそう、私たち全員の観客のジャンプで開く、私たちの肺の上部にある、"ストライクを叫んでいません! Strike!ストライク! Strike!,” raising our hands in the V sign, tears streaming down all our faces.ストライクは!"Vサイン、涙、すべての顔をストリーミングで手を上げる。



Perhaps our anger was derived in some unconscious way from the famed prophetic tradition in Judaism, but I had never experienced any of it.おそらく私たちの怒りはいくつかの無意識のようにユダヤ教の有名な予言の伝統から派生したものが、私はそれの経験はなかった。 Our rabbi at Congregation Beth El, Dr. Theodore Friedman, never to my knowledge preached about the legal discrimination against Negroes in the South, even as the civil rights movement raged on for more than a decade.私の知る限り、博士セオドアフリードマン、決して集会ベスエルの私達のラビは南部の黒人に対する法的な差別については、公民権運動にもとして10年以上にわたり猛威説いた。 Nor did I ever hear mention in shul of any relationship between those of us in the all-white suburbs to our black neighbors in adjacent Newark, NJ, other than thankfulness that we had gotten the hell out of there.また私はそれらの私たちの隣接するニューアーク、ニュージャージー州の私たちの黒近所の人にすべての白い郊外の間の関係のシナゴーグに言及を知りましたか、我々はそこから地獄を得ていた感謝以外。



This is not to say that there weren't decent rabbis and Jewish leaders who were active in civil rights.これは、存在しないまともなラビ、アクティブな市民権していたユダヤ人の指導されたわけではない。 Years later I became aware of Rabbi Joachim Prinz of Temple B'nai Abraham in Newark, and Rabbi Abraham Joshua Heschel of the Jewish Theological Seminary in New York, both side-kicks of Dr. Martin Luther King.年後、私はラビヨアヒムプリンツ寺ブナイアブラハムの認識ニューアークで、ラビアブラハムジョシュアヘシェルユダヤ教神学院のニューヨークでは、両方の側マーティンルーサーキング牧師のキックとなった。 They are said to have been very influential, though I didn't know about them at the time.私はそれについて時には知らなかったが彼らは非常に影響力されているし、言われている。



From my own experience I'm forced to disagree with the theory that there's something special and inherent in our religion which leads us to social activism, altruism, and the left.私自身の経験から、私は理論は何か特別な我々の宗教に固有のが社会運動、利他主義に私たちをリードし、左だと反対することを余儀なくしています。 My former rabbi, Lynn Gottlieb, was fond of telling us that the Torah enjoins us to “honor the stranger because we were strangers in Egypt” forty-six or one hundred and seventeen times.私の元ラビは、リンゴットリーブ、その律法は、我々はエジプトで見知らぬ人がいたので"見知らぬ人を称えるために私たちをenjoinsを告げのが好きだった"46または117回。 Whatever the number, it was probably one of those laws that needed to be reiterated continually because nobody was observing it.誰もがそれを観察していたため、どのような数は、おそらく1つのことが継続的に繰り返しに必要なこれらの法律だった。



Dr. Israel Shahak, recently deceased, was a Hebrew University Chemistry Professor, President of the Israeli League for Human and Civil Rights, and a holocaust survivor.博士イスラエルShahakは、最近亡くなった、ヘブライ大学化学教授、大統領イスラエルリーグの人間と市民権、およびホロコーストの生存者だった。 For many years he occupied a place in Israeli politics roughly the same as Noam Chomsky in this country.彼はイスラエルの政治にほぼ同じノームチョムスキーは、この国の場所を占め、長年してください。 In a book entitled, “Jewish History, Jewish Religion: The Weight of Three Thousand Years,” he argues that as a reaction to being the victims of racism throughout the centuries, we developed a religion which itself enshrined racism toward the other.本、"ユダヤ人の歴史、ユダヤ人の宗教:重量3千年の権利では、"彼は何世紀もの人種差別の被害者への反応として、我々はそれ自体が他のに向かって人種差別を安置した宗教を開発と主張する。 This is especially true of the rabbinical commentaries developed in Eastern Europe over the almost one thousand years in which we occupied a middle position between the landlords, whom we served, and the peasants who despised us and whom we in turn despised.これは特に、ラビ論評東ヨーロッパでも、我々は提供大家、中間位置を占め、ほぼ1000年以上の開発の真の、そして私たちを軽蔑し、私たちを軽蔑した順番に農民です。 How could it have been otherwise?どのようにそれ以外の場合されているだろうか? In my family, if you wanted to say somebody was stupid you said they had a “goyishe kup,” a goyish head.私の家族では、誰かが愚かな彼らが、"goyish頭"goyishe kupしていたと言われたと言っていた場合。



My intention here is not to single out Judaism as being worse than other religions.私の意図はここに1つのアウトユダヤ教他の宗教よりも悪いものとしてではない。 It is just to say that we are no better.ただ、我々は優れていると言うことです。 As a kid in Maplewood I never heard of tikkun olam, the now well-known commandment to repair the world.メープルウッドの子供として私はティックーンのオラムの聞いたことが、今ではよく知られている命令は、世界を修復します。 For all I know, Michael Lerner?whose parents, incidentally sat near my parents in shul at Beth El?made the whole thing up.私の知る限りでは、マイケルラーナー-両親が、偶然シナゴーグの両親の近くに、ベスはエルが開く全部を作った座っていた。



I am so obviously Jewish that no matter how much carne adovada or fry bread I eat, I'm instantly recognizable as a Jew.私は明らかにユダヤ人ですがどのくらいの肉をadovadaまたは私が食べる炒めパン、私は即座にユダヤ人として認識です関係ありません。 I proudly acknowledge the drive for education in Jewish culture which made me want to read about the world and to understand it and to become a teacher.私は誇らしげに私が世界についての読み取りとすることを理解し、教師になるに行わユダヤ文化の教育のためのドライブをご了承ください。 I also recognize that in my social activism I am one of thousands working in the grand tradition of Jewish leftists, the Trotskys and the Emma Goldmans and the Goodmans and Schwerners of the twentieth century.私はまた、私の社会的行動に私は認識し1万のユダヤ人左翼、TrotskysとエマゴールドマンズとグッドマンズとSchwerners 20世紀の壮大な伝統的な作業。 I honor this lineage.私はこの系統を称える。 As Jews our advantage in the past, though, was that we were outsiders critically looking in; today Jews sit at the right hand of the goy in the White House advising him whom to bomb next in order to advance the Empire.ユダヤ人たちの利点、過去にも同様、私たちは部外者が批判的に見ていた、今日のユダヤ人がホワイトハウスで異教徒の右側で、次の順序で帝国を進めるために爆撃する彼を誰助言座っている。



To be outsiders in a nation or an empire is not such a terrible thing.全国の部外者には帝国がするようなひどいものではない。 Keeping critical and alert has allowed the Jewish people to survive all sorts of imperial disasters over the millennia?the Greeks, the Romans, Islam in Spain (which went from Golden Age to Inquisition in a few centuries), the Crusades, Reformation Europe, the Russian Czars, Nazism.保つことは重要な問題と警告がユダヤ人)は千年、ギリシアで皇帝災害、ローマ、イスラムスペイン(黄金時代から異端審問に数世紀に行ったすべての種類の生き残るためには許可されており、十字軍、改革ヨーロッパ、ロシア皇帝、ナチズム。 This particular empire is neither the first nor the last to attempt to seduce us to join up.この特定の帝国はどちらも最後まで参加する私たちを誘惑しようとする最初のです。 But we'd better not: it's our job to be critical outsiders, both for our own survival and for that of the planet.しかし、我々は良いとは限りませんね:それは私たちの仕事私たち自身の生存にとっても、その惑星のための重要な外部になることです。



As a child I never fell for the seduction of patriotism.私は愛国心の誘惑に落ちたことは子供の頃。 It seemed so arbitrary, who's an American and who's not.それはとても、米国人と人ではないの任意だった。 If my relatives hadn't emigrated, who would I be?私の親戚は、私が誰になる移住していなかったか? Since I was also at core an idealist and a utopian?another Jewish tradition??I wanted to skip all that obviously stupid and dangerous stuff that gave rise to wars and racism.私もコア理想とユートピア別のユダヤ教の伝統でいたので?- Iは戦争や人種差別を引き起こしたすべて明らかに愚かな危険なものをスキップしたい。 In 1965 I began to identify myself as a socialist and an internationalist. 1965年に私は自分自身を識別するために始め、国際主義社会主義。 I still am an internationalist since old religions die hard.古い宗教はなかなかなくならないので、私はまだ国際人をしています。



That brings me to the toughest problem of all, Israel.それがすべての厳しい問題は、イスラエルに私をもたらします。 If we look closely and critically at Israel today it's possible to see the downside of nationalism, whether religious or secular.我々は密接に、イスラエルを批判的に、今日見ればそれが可能であれば、ナショナリズムの欠点を見ているかどうか、宗教や世俗的な。 There is a well-documented continuity over the last almost forty years between the Labor Party and Likud in their policies toward the Palestinians and settlement in the Occupied Territories.またパレスチナ占領地域での決済に向け、政策の労働党とリクード間の最後の約40年間も文書化の継続があります。 I am heartbroken over the moral and spiritual costs of the Jewish State to the Jewish People.私はユダヤ人のユダヤ人国家の道徳的、精神的なコスト悲しみ以上にしています。 I challenge anyone who thinks of me as a traitor to my people or a self-hating Jew, both of which I've been called, to visit Palestinians in the West Bank or East Jerusalem for as little as one-half day.私は私のどちらの私が呼ばれている私の人々や自己嫌悪のユダヤ人、に裏切り者とヨルダン川西岸や東エルサレムのようにわずか1半日パレスチナを訪問すると考えている人が挑戦する。 Every Jew needs to see the misery and humiliation which our Jewish nationalism and racism have wrought.すべてのユダヤ人は悲惨と私たちのユダヤ人のナショナリズムと人種差別は、鍛造して屈辱を参照してくださいする必要があります。 These are not Jewish values, or at least my Jewish values.これらのユダヤ人の値、または私のユダヤ人の値以上ではない。



Nor does the Jewish state guarantee Jewish safety and survival.またしないユダヤ人国家保証のユダヤ人の安全と生存。 My father was a military man and as such was always pessimistic about the long-term survival of Israel.私の父は軍人であり、このように、常にイスラエルの長期生存を悲観したとして。 He easily perceived Israel's strategic weaknesses in both geography and demographics.彼は両方を簡単に地理統計のイスラエルの戦略的な弱点を認識。 The only way Israel has survived so far has been to ally with the sole remaining imperial power in the world.イスラエルはこれまで世界で唯一の残りの皇帝の権力と同盟してきました生存している唯一の方法。 But all empires fall, as Jewish history so clearly tells us.しかし、すべての帝国は、秋、ユダヤ人の歴史とその明確に教えてくれる。 Maybe they should have allied with China.おそらく彼らは、中国との同盟が必要です。



This year I visited Israel with my family for the first time.今年私は初めて私の家族と一緒にイスラエルを訪問した。 I learned that far from being culturally retro, which is the way I used to think of it?a small, socialist, anti-materialist nation?Israel is really an avatar, way ahead even of California.私が学んだことまで、文化レトロ、私はそれを考えて小型、社会主義、反唯物論国家イスラエルは、実際にアバターを、ずっと先カリフォルニア州もの使用方法ですされてから。 Israel is America's future: militarized, racist, religio-nationalist, corporate, riven with so many internal splits and hatreds that only the existence of a perpetual enemy keeps the nation from exploding.イスラエルは、アメリカの将来:人種差別、宗教の民族、企業なので、内部の多く分割し、その永遠の敵の唯一の存在が爆発国を保つ憎しみで心を乱さ武装。 If we don't organize to stop the current direction in this country, thirty years from now we will be Israel.我々はこの国で、今から我々はイスラエルれる30年、現在の方向を停止する整理しない場合。



“ Genug! , enough!,” as my father would say if he were here, “You've made your point!”私の父はと言えば、彼がいたここで十分な!"、"!Genug、"あなたはポイントをおてて!"



Ok, Jake, you're probably right. [OK]を、ジェイクは、おそらく正しい。 To show what a good Jewish boy I am I'll give Bertha the last word.表示するにはどのような私はバーサに最後の言葉をあげる時良いユダヤ人の男の子。 After all, she started this piece.結局、彼女はこの作品を始めた。



In 2003 a documentary called The Weather Underground was released.リリース2003年だったドキュメンタリーと呼ばれる地下の天気。 It was made by two young men, Sam Green and Bill Siegel, both Jewish, and was well received by audiences and reviewers.これは、2人の若い男性は、サムグリーンビルシーゲルは、両方のユダヤ人によって作られ、また観客とのレビューで受信された。 It was even nominated for an Oscar.これもオスカーにノミネートされた。



My brother David, who's eight years older than I, had never been comfortable with anything about the Weathermen.私の兄デビッドは、8年以上私は、気象庁については何も快適されていなかった古いです。 At the time I treated him contemptuously because he wasn't “revolutionary,” and on top of that he had to live with the misery which my parents endured for the seven years I was a fugitive.彼は"、"革新的な、彼は私の両親は7年間、私は逃亡した耐え惨めな気分で生活しなければならなかったの上にされなかったため、当時、私は軽蔑彼を扱った。 Over the years our way of dealing with the issue was to not talk about it.問題に対処するの年に私達の方法以上はそれについて話すことにした。 But after he saw the movie, David became so smitten with The Weather Underground that he set up two showings, one in Great Barrington, Massachusetts, where he lives part-time, and the other at a Jewish film festival in suburban Essex County, New Jersey, where our family is from.しかし、後に、彼は映画を見て、デビッドはニューヨークとなり、郡ので、夢中で天気予報エセックス郊外地下鉄、 彼は設定の2つの上映を、1つの偉大な、バーリントン、マサチューセッツ州、彼が住んでいる一部のユダヤ人映画祭時に、他のニュージャージー州、私たちの家族からです。



About four hundred people attended the showing at the Jewish Community Center in West Orange. 400人の人々はユダヤ人コミュニティセンターウェストオレンジで上映に出席した。 The average age of the audience was probably around 65.視聴者の平均年齢はおそらく65前後だった。 My mother was sitting in the second row.私の母は2行目に座っていた。 After the movie I was answering questions from the audience when my mother waved her hand, interrupting.私は聴衆私の母は彼女の手を振ってからの質問に答えていた映画、中断後。 “I have a question! "私は質問がある! I have a question!” she shouted.私は質問がある!"と彼女は叫んだ。 “What's your question, Mom?” I asked. "何があなたの質問、ママですか?"私は尋ねた。



She paused just long enough for the audience to wonder what she was going to say.彼女は観客だけで十分な長さの彼女が何を言おうとしていたかを一時停止しました。 “I've waited thirty years to ask you: How could you do this to me? ” " 私は私にください、これを 30待っている年にあなたが求めることができる方法 :ですか?"

金曜日, 9月 10, 2010

☆☆☆在日中国人政治活動家が数万人を突破

最近、竹中と自民党と小沢の外国人留学生優遇制度によって、次の資金が


国民の税金で支給されている。






アジア系外国人留学生の特権として、所得税控除があるため、

学生を装って入国して大学費用免除とセットで起業をする外人が

増えている。こういう政策をやったのは自民党の竹中政策による

外国人優遇措置である。さらに民主党らが外国人留学生優遇を

開始し、実質脱税特権をもつことが出来る状態である。



その中で、日本語を利用せず、過激派の学生運動をしている中国人留学生が

20万人強、他一般人の入国滞在がすでに合計で60万を超えている。



中国首相の予告では、こうした制度を悪用して日本を壊滅させていくと宣言した

ビデオが海外で出ている。そういうのに便乗するのが外資族、経団連、

竹中、民主党の左派、民主党らである。



他国であれば、このような活動を手引きした者は

治安法で暗殺が等しく、ロシアでは外事問題として成案者の暗殺を

合法的に出来る仕組がある。各国でも暗殺は合法化されている。

日本の場合これがない。







長野県での反政府活動成功の飲み会をする映像がこちらである。





http://www.youtube.com/watch?v=7u8kd9rketI&feature=related









http://www.youtube.com/watch?v=Ho2d1Puo-_I&feature=related



















日本もこうした海外の入植テロ活動を手引きする者を非公開で

政府機関が壊滅する組織が必要である。

木曜日, 9月 09, 2010

★★★株情報でご報告。

中国の株価に11月初旬に激動がある。違法為替の内容が

公開されて落ちる可能性が高い。

そこで資産を中国人企業の流入していない日本と手を組む中東の金融資産系

に移動する覚悟が必要である。



またイラン系の外国資産でも安定度がある。アメリカはイランに対する

制裁を実質緩和するだろう。




産経新聞編集委員・田村秀男氏




 バブル真っ最中の中国経済。そのバブルがついに破裂寸前にある。高騰を続けた不動産価格は落ち込み始め、株価も勢いを失っている。日本の対中輸出が好調だったのも、日本に上陸する人民元も不動産バブルあってこそなのだが、それにも翳りがみえてきた。中国バブルが弾ける時、世界経済はどうなるのか。産経新聞編集委員・田村秀男氏が検証する。



 北京からの内部情報によれば、中国共産党中央は孔子様を肖像にした人民元の500元札(現在の最高額面札は100元)の発行を検討しているという。人民元札の肖像はこれまで毛沢東一点張りだったが、かの残忍な独裁者では世界でのイメージが悪い。膨張する人民元(本誌7月14日号を参照)のはけ口を外に求める。そのため人民元の国際化を推進する。



 国際化の象徴としてふさわしいのが、日韓、台湾、東南アジアで幅広く信奉されている儒教の開祖だと考えているのだろう。だが、だまされてはいけない。人民元はバブルそのものであり、不動産や株式バブルの源泉でもある。バブルである限り、必ず大崩落する。



この時に軍事予算と釣り合いがクラッシュする。そこでイスラム世界が呼びかけるだろう。
中国のイスラム殺しは世界最大である。そこに内貨幣の資金難がバブルで強襲する。
残存資産は既に投資で余剰金は少なくなる。

覚悟が必要である。日本とアフリカにイスラムにシフトしてるので安定感がある。