上杉機関 2番館

  • 福島で被曝した方の健康管理と食事療法 - 福島では避難者も含めて多くの疎開をしてる。その中でも被曝した方にとっては検査もままならず、 自民党が買収した医師会によって、偽の検査データーが開示されていると聞く。 要は、被曝してませんよ、という工作をしているというのだ。 しかし、避難しても初期被曝した健康は自分で管理する他なく、検査だけでは 被曝からの癌に対...
    4 年前

上杉機関 特別部

  • 日本でも明治維新から偽ユダヤ神話が拡散し、現在では日本でも伊勢神宮関係者や 小泉八雲の連中まで捏造するようになった。 伊勢神宮=ユダヤ教と説明したこの連中が 最初であり、八雲が紹介したのが最初だとされているのだが、そもそもユダヤ教そのものが カルト教団で贋作された偽宗教であり、ユダヤ人の教祖である史観もユダヤ人本...

地震は予知できる。東電は無能

Loading...

火曜日, 8月 28, 2007

 温暖化を進めているのは、ユダヤ資本

  温暖化を進めているのは、ユダヤ資本
現在地球は温暖化している。温暖化で最も被害を受けるのが穀倉地帯である。現在、世界の調査機関で警告されているのが温暖化による食料ハザードである。温暖化の一番の原因を調査すると、やはり車の排出ガスが一番の原因であり、その次が樹木の伐採である。現在中国が世界で最も汚染国といっているが、じつはそう簡単な問題ではない。まず全ての電化製品にも影響がある。最新機器は何らかのガスを出す。最も出るのが製造過程である。そしてその最新機器でガスを出すのが家電製品です。このガスの排出が最も少ないのは、日本製だが、日本も含めて世界中の企業が製造した中古品が実は、最も世界で売れている。
そして旧式の機器を大量に購入し、世界中で同時に使用すれば、その旧式機器から排出するガスの量が、また凄まじい。これは車にも言えることであり、日本政府が世界で削減目標を買っていても、それは決して達成できない。過去に世界中が造った工業製品が世界中にあふれ、貧困国で最も中古の旧式が売れているからである。
この排出規制反対の活動をしている中心的国家が、米国資本である。米国の商工業は、言わずと知れたユダヤ資本である。現在、全世界の国際資本保有資産の計算すると、3500兆円のグループ資産がある。このユダヤ企業の大半が大量排出ガスの製造元であり、世界中に生産拠点を持ち、世界中で反エコロジー活動を展開しているのである。
その拠点であるのが米国ユダヤである。米国を一言でいうとユダヤ帝国である。そのユダヤとは何者なのかというと、宗教思想で生きる民族です。そして最も世界で環境破壊をしているのが、このユダヤ思想から生まれる工業化なのである。よく日本人は地球より人命が重いというが、それはまったくの嘘である。地球を軽視した結果環境破壊がおき、人類他、生命体を破壊し尽くしているのであるが、左翼の陣営では、この理屈を永遠と発言しつづけている。
左翼という思想は二元論から出来ており、それを創り出したのはユダヤの長老らである。しかし資本主義の経済も、これもまたユダヤ人の人々が創った仮想世界なのである。そしてマルクスから始まる極左思想の100%がユダヤ製である。このユダヤの思想こそが人類破滅の危機を作り出している全ての元凶なのである。
これは既に20年前から世界中の学者らがはじき出したリポートでもあり、イギリス・フランス・ドイツなどで、既に世界の危機と問題は、ユダヤ問題であるという論文まで発表されている。なぜユダヤ流の大量生産が問題であるのか?という問いかけには、経済と国際資本の原点がユダヤ社会にあるからであるとすぐに判明するはずだ。そしてその影響は日本にも関係してくる。日本経済は現在、竹中大臣と財政顧問の売国指導により、生産原理主義と競争原理主義を日本の商工業全てに導入させようとしている。
その一つがトヨタである。トヨタは現在、株式の大半をユダヤ外資が牛耳っており、いつでも脅せる立場にいる。そして経済利益を搾り取るために配当を強制しているはずだ。これは予想ではなく、事実。トヨタ関連の工場は見学が出来るようになっている。深夜になってもこの見学者が来る。見学で見るのは生産力の監視である。株主らが配当を出させるために、生産台数の達成を監視しているのである。生産台数=販売台数として考えているからだ。トヨタは無駄なストックを持たないため、台数=利益として見られている。そしてそれを支えているのが「競争生産原理」である。ムダ・ムリ・を排除させるという原点も、全てはここからきている。そしてトヨタ方式の原点も大量生産を潤滑にするための基幹システムにすぎないのである。よってトヨタの工場員はその爆裂な生産工程の多さに悲鳴をあげ、大半が肉体障害者になるのである。それを隠しているのがメタメカラーの信長「トヨタ」なのである。現在大量増産をすすめ月間1000台のところを、同じ時間で1400台にするようにしている工場が多い。これはどういう事か?というと、1時間で10台分の工程をさせるぎりぎりの範囲を、30台分造らせるというやり方である。ここでもし工員は疲れた、腕が千切れそうなどと発言しようものなら、ピラミッド方式の人事によって即座に改善命令が発せられるのである。それほど異常な大量生産を維持させているのが外資のユダヤ資本なのである。
この経済思想を全国に導入させているのが、米国とトヨタ機関である。愛知県はトヨタの一大拠点でるが、地元民は金に汚く、口が悪く、日本で最も思想が狂っている地域の一つである。愛知に行ってみると空気が東京より汚く、山岳地帯にまで汚染空気が蔓延し、その拠点の一つ一つがトヨタ系列の大量生産主義で生まれている排出ガスと、他社の製品ゴミなのである。トヨタは生産過程に共産主義を導入している。いわずと知れたトヨタ方式である。この方式は、中国毛沢東時代で大失敗した「生産競争原理」を導入させている。大量生産をよくするためにライン作業を高速化させ、ムダを省くという屁理屈によって、迅速な生産工程を作り出した。これは過去に世界中の共産国家で導入した失敗プログラムであったのはNHKで放送した文革の報道でもよくわかる。そして行き着く先が闘争的混乱と人民の疲弊であった。なのでトヨタで働く若者の大半が思想的に狂いだし、地元で凶悪事件や事故を多発させているのである。そしてその生産原理を翼賛させるためにプロパガンダ広告を大量に放送し、あたかも自分達は地球にやさしい企業であると、のたまうのである。では実際にトヨタは地球にいい企業であるのかというと、そうではない。大量生産が排出する未来的な予想では、増産しただけ排出量は倍増する。これは猿並の知能でも計算ができるだろう。
そして、その影響で捻出する毎年の国家予算が3兆円である。既に政府が経団連と結託したため、世界中に支払う炭素削減費用がロシアだけで3兆円の取り決めが決まっている。さらに最近では、農業生産率を妨害してまでFTAを導入させようとする外資と経団連。トヨタの車売りたさに国内農業生産にまで圧力をかけてきている有様である。
「そして話はさらに進む。」次にユダヤ問題であるが、過去現在において、ユダヤらは世界中の樹木を刈取った。ロシアでは山岳地帯をまる裸にし、南米でも買収企業を使い現地を丸裸にしていた。それを察知されないようにするために、わざと反日暴動を仕掛けさせ、割り箸ごときで地球が破壊されているというプロパガンダを中国で放送させていたのである。これほど米国ユダヤは反日的で策略的で、どうしようもない民族なのである。
だが、世界の温暖化で日本が議題にされても、米国の国際資本が注目されることはけっしてない。それは世界の閣僚を支配している国際ユダヤ資本が武力と暗殺によって支配しているためである。武器商人にしてもやはりユダヤ系が世界で最も多い。
それをアラブ系やアジア系に分散させて売りつけているのも有名である。環境妨害をプロパガンダしている団体も実は、ユダヤ資本の提携先が多い。たかが鯨の捕獲ごときで、資料を捏造してまで反日環境団体を動かしているのである。そしてそのユダヤ資本と提携しているのがトヨタであり、外資なのである。そして地球は温暖化後に冷却化を急速にはじめるといわれている。その時、日本も石油の奪い合いになる。暖房用と輸送用にだ。その予兆は既に発生しているし、2012年から本格的プレート振動が発生すると科学者らが論文を出している。その意味がわかる時がもうじきくる。現在世界は、ユダヤ機関を中心にして動いている。そしてユダヤが最も願っているのが多種族の殲滅なのである。その思想はユダヤの宗教にはっきりと今も記されており、「ゴイムを殺すことは無罪であり、殲滅するのが神の教えであり、神よ、一刻も早くゴイムを殺戮し、この世から消したまえ」という理想がタルムードに掲げられているというのだ。それを理解せずに日本政府や世界の政府は動かされているのである。(ゴイムとは、非ユダヤの人々を意味し、働かせる道具の家畜であり、資産・強姦・殺害の対象にしていいと解釈している)ゴイムの他はゴイなど言葉などが10種類程度あり、戦時中日本に対しての差別用語となっていた。原爆投下を米国ユダヤが肯定する意味が実はここにある。実際米国民の大半が原爆の映像を見ると泣く。だがユダヤ系民族にかぎっては、笑いのネタにしかしないのである。私は米国民は好きだ。だが、米国にいる偽ユダヤらは嫌いだ。その思想が嫌いだ。こうして環境破壊とユダヤは繋がっているのである。しかしユダヤ問題を知らずしてこの内容を見ても、まったく資本との関わりとトヨタの関わりは分からないと思われる。そこで「マルコポーロ廃刊」「ナチハンター」で検索してほしい。大体理解できるはずだ。911の真相でもよい。

食料自給率を妨害する自民と外資の策略

食料自給率を妨害する自民と外資の策略
現在日本の自給率は年々下がり、現在は38%も満たない状況である。その状況を日本政府は知っている。それは意図的に、ユダヤ外資の圧力の下に実行してきた売国政策であったのだ。
まず米軍が戦時中立案したのが食料攻めである。これは資源を止めて日本を包括的に破壊するというプログラムであり、イギリスを含む連合国のユダヤ資本が関わり企画した戦時体制プログラムであった。これを「日本包囲伏滅作戦」という。日本帝国軍はユダヤ資本と実際戦っていた。だがユダヤ軍事結社に属していた坂本一派らが、維新革命によって日本国内にテロ組織を手引し、フランス結社とイギリス結社と米国結社によって挟み撃ちにされ、会戦をさせられたのである。その目的がこれである。「天皇主義の破壊」「国民生活の破壊」「神道思想の破壊」「文化の破壊・人種の破壊」「食文化の破壊」「日本の欧米化」「自虐の洗脳と反日主義」「日本共産党・社会党の設立」「マルクス主義による国体破壊」「マスコミの完全支配」「貞操観念破壊による道徳心の破壊」「知能を下げるための偽食料医学の推進」「包括的監視のため朝鮮テロ組織の支援」
そして次に目指したのが、共産化による内部虐殺であった。この事実はユダヤの長老らが多数事件を告白しており、周知の事実である。これが米国ユダヤの本性である。
その影響と活動は、未だに継続されており、大戦後の支配下にある日本においては、特に注意すべき点であると感じてほしいのである。その最たる事実が食料プログラムである。「食料プログラム」は、食育から受ける影響を考えて脳の発達の妨害などを進める計画である。日本の戦後食料プログラムでは、給食に欧米文化を入れさせ、日本人の生体遺伝も変化させるべきであると報告をしていた。それが現在の給食に導入され、一般人には、反日国家から輸出される危険な食で包囲させたのである。
この影響で日本の子供達は急激に理性と知能が下がり、凶暴化させることに成功したのである。ある米国の刑務所で調べた結果、精製甘味料・動物性の酸化性食品・精製穀物を食べさせた結果、知能が下がり、暴行を起こす脳のつくりに成功したと発表がされている。そして何より、強姦・強盗・窃盗が増え、食品からの影響がいかに凄まじいかという医学的証拠がでたというのである。(食関連の某博士の本に一部が掲載)そこにユダヤ機関の創り上げた家庭崩壊プログラムであるジェンダーフリー等を共産勢力に委託させ、各国に導入させたのである。過激性教育・ゲイホモの推進・道徳思想の破壊を世界各地で導入実験を行い、日本に対しても繰り返してきたのである。その発端はソ連から始まり、米国のジェンダー問題にと発展したのである。よってジェンダー推進国では生体異常のホモゲイ・レズが拡大し、これを文化の「自由」として捏造し、発表をさせていたのである。
則、食料問題と家庭問題が如何にして連合側に支配され、その巧妙なバイオ実験によって狂わされたのか、という事実を、簡単にここで説明した。これらを最近、猛烈な勢いで導入させたのが政府両党である。ここで一旦話は本題に戻るが。
特に重要なのが食料生産率である。現在、環境学者の白人教授らが発表している論文では、世界の人口と食料の生産率を比例した場合、中国人をだれが食わすのか?という議題が出た。そして温暖化によって食料の配給が将来できなくなり、その影響は凄まじいという。
まず温暖化で食料の農耕地が減っていくという。それにより渇水の影響などで栽培ができなくなり、その温暖化の気温で農作物が成長前に腐乱したり、植物病原体などが発生し、この成長不良などで収穫が激減するというのである。
他では、気温の上昇により植物の根が焼ける現象がおきるとも言われている。やけるとはどういう意味か?それは地表温度上昇により、植物の根に異常が発生するというのである。さらにオゾンとの関係で植物が枯れる可能性が指摘されている。また紫外線による動物の異常などで、動物の大陸移動が発生し、植物を「受粉」させる「蜜蜂」などが姿を消すというのである。その他では、化学肥料を大量に使用すると、土壌が枯れて二毛作が出来なくなるというのである。これらの耕作不良などで、世界中に食料危機が発生するといわれている。既に動物の大陸移動は観測されており、蜜蜂などにも行動変化がみられるというのだ。
その中で現在世界中の国々が、食料自給率をあげるために、本格始動をはじめているのだが、驚くことに通産省にいる売国奴の影響により、食料自給率を下げて、輸入率を上げようとする計画が、外資からの政治圧力で始まったというのだ。自民党で自殺された松岡大臣らは自給率を上げるほうがよかったと、考えていた人であったが、残念ながら、自決してしまった。だが現在の自民内閣の計画では、自給は完全にムダにあたり、輸入の方が良い、という計画が発表されている。この政策は今回発表された新閣僚の入れ替えでも分かるが、完全に輸入派の閣僚で固めているではないか。なぜ輸入に反対なのか?それは危険な遺伝改良品目が多いためである。自民の政策は世界の流れとは、完全に逆行している。まるで現在は、戦時体制の食料生産プログラムのような政策を発動しているとしかまったく考えられない。「過去において日本は、大戦時で食料と資源を剥ぎ取られたために、悲惨な戦時体制を強いられたのである。その時の国民は、食えずにジャガイモの皮を食べて生き延びていた。一部の都会以外では、食料のカスしかなかったのである」
そして現在中国がオリンピック開催後に台湾を軍事攻撃する可能性が高く、その影響下で食料輸入依存に変化が出る可能性が非常に高い。さらに現在、日本食品を逆に日本政府は中国に輸出しているのである。この奇怪きわまる政府の方針に国民がまったく察知していない。また現在2007年の全国平均をみてほしい。食品の値段が国内産でも10倍高騰しているのである。何故国内産まで高騰したのかというと、少ない生産率なのに大量の輸出をしてしまっているからである。則、自給も出来ない状態なのに、輸出をしているという事だ。
また自民党を脅すために、外資の工作で鳥インフルエンザをばら撒かれ、養鶏まで破壊されつつある。さらに中国向け食品の支給のために国産が持ち出されている現象がおきている。この複数の影響で今年のスイカの値段はノンブランドで、2000円である。一本100円程度の野菜が200円。激安日本産穀物が100から300円に値上げ。果物は異常をきたし、謎の腐れ現象もおきている。今年の桃・スイカの不良・野菜の不良などは、好天の影響で、逆に収穫比重が下がってきているのである。
この中で外資の活動に注目していただきたい。国際資本は世界中で土地を買収して、現在食料を生産し始めている。しかも自国向け用に。しかし日本政府はそれとは逆に、国内の農家を減らすと公言している。あの町村派らは、それを街頭で宣言していた。(自民党の支持母体は神社本庁関連の市民団体である。この団体らが知らずに自民に騙され、選挙利用されている実情は非常に嘆かわしい限りであり、とても残念でもある)
そうして輸出した分が国内から消え去り、日本産は激減し、逆に国内産の値段が高騰するという逆インフレが発生し始めている。その影響もやはり、自民を支配しているユダヤ外資の影響があるからである。現在においては、中国輸出分を国内生産38%程度から売買させている。そのあまりで国内消費を維持させ、逆輸入をしているのである。
そして危険食品はチャイナだけではなく、遺伝子改良品にも多く存在している。ある植物には、殺虫剤成分を遺伝的に発生させ発ガン性のある毒性植物を大量に開発している。殺虫成分を自ら放つ植物を食べた結果どうなるのか?という疑問は国際資本の鬼畜どもは考えない。BSE牛肉でもそうで、鳥の糞を餌にして食べさせ、食べない牛に蜂蜜を混ぜて生育させるというショッキングな事件が報道された。またケンタッキーの従業員らが鳥を壁に叩きつけて殺し、足で踏んだ鳥を食用にしたり、韓国ではトリインフルエンザに感染した鳥を日本に加工して販売していた事件もある。そして韓国のゴミ餃子なども。≪以下、資料です≫遺伝子組み換え作物(GMO [genetically modified organisms]とは、ある生物から有用な遺伝子を取り出し,それを他の生物の遺伝子に挿入することによって開発された作物のことです。特定の除草剤をかけても枯れない除草剤耐性作物や殺虫成分を作るようになった害虫抵抗性作物などが実用化されています。
日本では遺伝子組み換え作物はほとんど栽培が行われておらず、アメリカやカナダ、アルゼンチンなどが栽培の中心地です。日本では、1996年、遺伝子組み換え作物の輸入が政府によって認可され、現在、大豆、ナタネ、トウモロコシ、ジャガイモ、綿実、てんさいの6種が市場に出回っていますが、このほとんどが害虫抵抗性作物と除草剤耐性作物です。遺伝子組み換えイネも実用化段階に入っていると言われています。
★害虫抵抗性作物…殺虫成分を作る細菌の遺伝子を植物体に挿入して作られます。植物が常に殺虫成分を産出しているため農薬の使用量が減少するといわれています。Bt菌の遺伝子を挿入したものが有名です。バチルス・チューリゲン(Bt)という微生物が出すBtタンパク(特定の害虫を殺すタンパク)を作る部分の遺伝子を取り出して、農作物に導入したものです。一番よく知られているのが、Btコーンと呼ばれるトウモロコシで、トウモロコシにつくヨーロピアン・コーン・ボーラーという害虫に殺虫効果があります。ヨーロピアン・コーン・ボーラーがBtタンパク質を食べると、消化管の中で殺虫効果を持つ形に活性化され、消化管の細胞が破壊されてしまいます。このためヨーロピアン・コーン・ボーラーがBtタンパク質を食べると、死んでしまうのです。
★除草剤耐性作物… 除草剤に耐えるバクテリアの菌からその遺伝子を作物に移すことによって、除草剤に耐性を持つ作物が作られた。作物への影響を気にせず、効果的に除草剤が散布できるので除草剤の使用量が減少するというのが売り文句です。モンサント社の開発した「グリホサート(商品名:ラウンドアップ)」という除草剤の耐性作物が有名です。≪以上≫
以上このような指摘もあり、海外品は如何にして危険かという研究も政府はせずに、政府は無条件でFTAの計画を進めているのである。
この実態を市民はどうみるべきか?これを見逃してFTAをすれば、おそかれはやかれ、エイズ血液製剤事件の時のように国民に被害が出るのは明白で、また既に出始めている。そして現在米国は反日政権樹立のために、ユダヤ人党である民主党派が活動をはじめている。米国は過去に国際違反の301・401条をつくり、日本政府に300兆円の違法賠償をさせてきた。今度は食料の兵糧攻めが絶対にくる。兵糧攻めは過去にやられており、一度あることは二度あると考えたほうがいい。そのため米国民主党らは、中国の反日共産党に接触しており、そこで最後に発生するのが食料問題と石油問題を武器にした対日攻撃である。米国ユダヤは血も涙も無い悪魔である。この事実を薄れさせるために、反日シンクタンクらが偽右翼に化けてネット活動もし始めている。2ちゃんねるは現在、大量のシンクタンク系書き込みが横行しており、既に情報源としての信用が消えつつある。親米書き込みの大半が職業活動家であり、その活動は24時間続けており、こうして国民の目をそらしている。
よって、食の安全という立場から、違法行為の監視できる範囲である、国内産の需給と生産率を80%まで引き上げるべきと考えてます。そのためのに水耕栽培技術や酵素活性栽培技術などが有効であり、危機や災害に対応できるものと考えています。